iPadを0円で手に入れ、モバイル端末リストラ計画を実行!

iPadを0円で手に入れ、モバイル端末リストラ計画を実行!
NEWSポストセブン2012.06.29 11:00



画像

【軽さを追求するなら新しいiPad(Wi-Fi+Cellularモデルで662g)より、iPad2(Wi-Fi+3Gモデルで613g)】

 スマホ、モバイルノートPC、モバイルルーター、モバイルバッテリー、etc.。個々の端末は携帯できるサイズや重さの物をチョイスしていても、これを全部カバンに入れて持ち歩くとけっこう負担になる。その他、資料などを入れた持ち物の総重量は約5kg(カバン込み)。ガジェット好きの記者(腰痛持ち)は、本格的に暑くなる前に持ち物のリストラに迫られている。

 優先順位を考えれば、電話は必要なのでスマホは外せない。リストラするなら残りの3つだ。スマホでテザリングすることでモバイルルーターをなしという方法もあるが、思っていたよりも早くスマホのバッテリーが消耗してしまい電話として使えなくなるので×。スマホとモバイルルーターを持ち歩くなら、予備電源としてモバイルバッテリーは外せない。重さだけを考えれば、この中でもっとも重いモバイルノート(約1.2kg)をリストラするのが早いのだが、長文の返信はスマホだと少々キツイ。

 で、これらを一気に解決する方法として、初代発売当時はその必要性を感じていなかったiPadの購入を検討している。

 画面のサイズは十分。操作性は言うまでもなく素晴らしい。Android系のタブレット端末もいくつか触ってみたがiPadの滑らかさには適わない。オフィス系ソフトは使えないが、Evernoteを使えば、スキマ時間を使って資料の叩き台を作成し続きは会社や自宅のパソコンでということができるので、そんなにストレスではないだろう。メールやネットはもちろん可能。何よりモバイルノートより薄くて軽いし、バッテリーの持ちもいい(使い方によるが6時間程度は十分可能とのユーザー談)。Cellularモデルにすればモバイルルーターも不要になる。スマホは電話にだけ使えばいいから、予備電源のモバイルバッテリーもいらない。

 記者は見た目ではなく実用重視で、自分なりにiPadが必要だという結論に至ったのだ。あとはいかに安く手に入れるか。さらに調べてみると、iPad2も新しいiPadも16GBなら端末代0円、つまり無料で手に入ることがわかった。

 例えば新しいiPadのWi-Fiモデルは4万2800~5万8800円(16~64GB)もするのだが、Wi-Fi+Cellularモデルの16GBだけ、9月30日まで機種代金実質負担額0円で手に入れられるのだ。

⇒【料金表】はこちら http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=240827

 詳しく説明すると、ソフトバンクの「iPad for everybodyキャンペーン」を利用すれば、16GBの分割支払金2240円(頭金0円の場合)が、月月割の2240円割り引きで、ユーザーの負担が実質0円になる。もちろん32GBや64GBにも月月割はあるのだが、割引適用後も32GBで400円、64GBで790円の分割支払金が発生(それでも安いが)。要するにWi-Fi+Cellularモデル16GBだと、分割支払金と月月割が同額なので実質0円になるというわけだ。

 ちなみにソフトバンクケータイを買う、またはすでに使っている人は基本使用料が2年間0円~になる「iPadゼロから定額キャンペーン」も選べる(月額データ使用料100MBまで0円、最大4980円)。「iPad for everybodyキャンペーン」と併用できるので、Wi-Fi+Cellularモデルの16GBを端末代実質0円で手に入れて、2年間基本使用料0円~ということも可能だ。コストをさらに抑えたいなら併用したほうがいいだろう。

 あとは奥さんへのプレゼンが通れば、記者も晴れてiPadユーザーの仲間入り。モバイル端末リストラ計画を実行できる。 







AmazonのiPadのバリエーションはこちら

<文/日刊SPA!編集部>




いまさら人に聞けない「新しいiPad」の常識
日本文芸社
モバイルを極める会

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by いまさら人に聞けない「新しいiPad」の常識 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック