Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 5D MarkII ボディ 147,947円

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 5D MarkII ボディ
キヤノン


画像


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 5D MarkII ボディ
キヤノン
2008-11-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 5D MarkII ボディ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


参考価格: ¥ 278,000
価格: ¥ 147,947 通常配送無料 詳細
バーゲン価格:
OFF: ¥ 130,053 (47%)


商品紹介
ハイアマチュア向けデジタル一眼レフカメラ
“EOS 5D Mark II”は、35mmフルサイズCMOSセンサーをハイアマチュア向けにいち早く採用し、市場から長い期間に渡り評価を得ているデジタル一眼レフカメラ「EOS 5D」(2005年10月発売)の後継機種。

新開発の約2110万画素・35mmフルサイズCMOSセンサーは、優れた解像感と豊かな階調を備え、さらなる高画質を実現するとともに、常用設定できるISO感度をISO100~6400まで拡大し、拡張設定にISO50、12800、25600を用意することで、幅広い撮影領域に対応している。また、新世代の映像エンジン「DIGIC 4」の搭載により、高画素化で増大したデータも高速に処理することが可能で、高解像度化を図りながらも、約3.9コマ/秒の高速連写と、約310枚の連続撮影可能枚数を達成している。さらに、新設計の視野率約98%の高性能ファインダーや高精度で高速な9点+アシスト6点AFを搭載することにより、快適な撮影を実現している。

技術面では、EOSシリーズ初となるフルHD(1,920×1,080ピクセル・30フレーム/秒)での動画撮影機能や、3種類のAFモードを備えたライブビュー撮影機能、レンズ周辺光量補正機能など、デジタル一眼レフカメラによる撮影領域をさらに拡げる機能を豊富に搭載している。

また、液晶モニター表面に反射や汚れを防止するマルチコーティングを施した約92万ドット・3.0型クリアビュー液晶は、優れた発色性と色再現性で自然な画像表示を実現し、日中の屋外での視認性を高めている。さらに、セルフクリーニングセンサーユニットにフッ素コーティング(ローパスフィルターの表面)を施しゴミの付着を抑えたセンサーダスト対策「EOS Integrated Cleaning System(イオス・インテグレイテッド・クリーニング・システム)」や、約15万回の作動耐久性能を持つシャッターユニット、高い剛性を備えたマグネシウム合金製ボディの採用などにより、高い信頼性を確保している。加えて、容量が従来機種の約1.3倍の新しいバッテリーパック「LP-E6」を用意し、機動性をさらに高めている。

約2110万画素の高解像度と高ISO感度を両立。自社開発35mmフルサイズCMOSセンサー搭載
映像表現に、より精緻な解像感を。さらにクリアな美しさを。EOS 5D Mark IIは、35mmフルサイズ・約2110万画素の新開発 CMOSセンサーを搭載(有効センサーサイズは約36×24mm)。さらなる高ISO感度、低ノイズの両立を実現しています。さらに、約2110万画素の大容量データを高速処理するために1ライン・4チャンネル読み出しを改良し、高速アンプを導入。信号読み出しは従来機比約2.2倍*に。また、出力アンプの消費電力削減などにより省電力化も達成しています。

※ EOS 5Dとの比較。

先進の技術が高解像度・高感度・広ダイナミックレンジを実現
高画素と高感度という2つのファクターを、かつてないレベルで両立するために、EOS 5D Mark IIの新開発CMOSセンサーは、限られたセンサーサイズの中で最も集光効率の高い配置を追求。センサー上に並ぶ画素ごとのマイクロレンズの隙間(マイクロレンズギャップ)を縮小することで開口率をアップ。さらに、オンチップマイクロレンズからフォトダイオードまでの距離を短縮することで集光率のさらなる向上を実現しました。取り込む光の量が増えたことで、約2110万画素の高画素と常用ISO感度100~6400の広ISO感度(拡張L:50、H1:12800、H2:25600)、広ダイナミックレンジを両立しています。

解像感と効果的な偽色抑制を両立させた、赤外カットローパスフィルター
CMOSセンサー表面のローパスフィルターには、これまで培ってきた高画質技術を応用。2枚のローパスフィルター、位相板、赤外吸収ガラスで構成しています。画質低下の原因となる赤外線の影響を排除するために、最前面のローパスフィルターには赤外光を反射するダイクロイックミラーを採用。入射光に含まれる不要な赤外線を吸収する赤外吸収ガラスと併せて、理想的な赤外光カットを行うハイブリッド構造となっています。センサー表面などの反射で発生する赤ゴースト、かぶりの効果的な低減も可能。さらに3枚の水晶板による光学ローパスフィルターが偽色や色モアレを抑えます。

レンズ性能をフルに引き出し、培ってきた経験を活かす。デジタル一眼レフの理想、「35mmフルサイズセンサー」
APSCサイズの約2.5倍の面積を持つ「35mmフルサイズセンサー」。そのフォーマットの違いは、同じ焦点距離、同じ位置から撮影してみれば一目瞭然。写真のように、焦点距離50mmでの撮影時、APSCサイズセンサーでは対角線上に撮影範囲が2/3まで狭められてしまうため、フルサイズセンサーの焦点距離80mm相当にトリミングされた状態となります。35mmフルサイズセンサーを搭載したEOS 5D Mark IIなら、レンズの画角・パースペクティブをそのままに、広大な風景を切り取ることが可能。フィルムカメラで培ってきた経験を活かしたレンズワークを行うことができます。

画像


さらに高精細、さらに高速。映像表現の新領域を拓く、次世代映像エンジン「DIGIC 4」
CMOSセンサーから送られてくる約2110万画素の大容量データ。それを高速で処理するのが次世代映像エンジン「DIGIC 4」です。これまで培ってきた高精細かつ自然な色再現力を強化し、さらなる高速化を実現しました。DIGIC 4を搭載することにより低ノイズ現像処理による常用ISO感度の2段向上、連続撮影可能枚数減少の制約解消、高感度撮影時のノイズ低減処理の進化、フルHD動画撮影機能、オートライティングオプティマイザ機能、フェイスキャッチテクノロジー搭載のライブビュー撮影機能など、これまでのデジタル一眼レフを超えた多彩な新機能を実現しています。

豊かで美しい階調表現を実現する、14bit信号処理
CMOSセンサーから送られるアナログ出力信号をデジタル信号に変更する際の処理に、プロフェッショナル機と同じ14bit(16384階調)の信号処理を採用。14bitで記録されたRAW画像を現像後TIFF16bitで保存すると階調性をフルに活かした画像を得ることができます。また、撮影時に JPEG(各8bit)で記録される画像も14bitのRAWデータから生成されるため、階調性の優れた画像を残すことができます。

画像


常用ISO感度は100~6400。拡張25600の超高感度撮影も可能
EOS 5D Mark IIの常用ISO感度は100~6400。ギャップレスマイクロレンズの採用で集光率が向上した新CMOSセンサーやノイズ低減技術の進化により、低感度時のダイナミックレンジの広域化、高感度時のノイズ低減を実現。より多彩なシーンに対応できると同時に、高精細かつクリアな作品づくりを行うことができます。ISO感度は拡張L:50、H1:12800、H2:25600も可能。また、ISO感度の自動設定範囲は、全自動/クリエイティブ全自動/プログラムAE/シャッター優先AE/絞り優先AEではISO100~3200。マニュアル露出/バルブ/ストロボ撮影では ISO400固定*となります。

※ ストロボ撮影の日中シンクロで露出オーバーになる場合は、最低ISO100。

高感度/長秒時露光撮影時にも、クリアで美しく。2つのノイズリダクション機能
DIGIC 4の画像処理能力の向上により、高感度撮影時のノイズ低減機能がさらに進化しました。解像感を維持しながら、すべてのISO感度で優れたノイズ低減効果を発揮。特にシャドー部の色ノイズを大幅に軽減します。ノイズの低減効果は「標準」、「弱め」、「強め」、「しない」の4段階から選択可能です。*2また、長秒時露光撮影時のノイズ低減は、露光時間1秒以上のすべての撮影においてノイズ低減を行う「する」、ノイズが検出された場合のみノイズ低減を行う「自動」から選択することができます。

※*1 いずれもカスタム機能で設定できます。
※*2 「強め」設定では連続撮影可能枚数は少なくなります。


メーカーより
有効画素数約2110万画素の35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載したハイアマチュア向けデジタル一眼レフカメラ。さらなる高画質と高速画像処理を実現する映像エンジン「DIGIC 4」搭載。常用設定ISO100から6400対応、拡張設定ISO50、12800、25600の幅広い感度に対応。フルHDに対応したEOSシリーズ初の動画撮影機能。約3.9コマ/秒、UDMA対応CFカード使用時には約310枚の連続撮影が可能。視野率約98%の高性能ファインダーや高精度で高速な9点+アシスト6点AFを搭載。
商品紹介
・35mmフルサイズ・約2110万画素CMOSセンサー
・高精細・高速画像処理 次世代映像エンジン「DIGIC 4」搭載。
・常用ISO感度100~6400、拡張ISO25600も可能。
・EOSシリーズ初フルHD動画撮影機能搭載
・最高約3.9コマ/秒の連写性能とUDMA対応
・高速・高精度9点+アシスト6点 AFセンサー搭載

■35mmフルサイズ・約2110万画素CMOSセンサー
■最高約3.9コマ/秒の連写性能とUDMA対応
■高速・高精度9点+アシスト6点 AFセンサー搭載
■有効画素数:2110万画素
■連写撮影:最高約3.9コマ/秒
■シャッタースピード:1/8000~30秒
■液晶モニター:3.0型
■ファインダー形式:ペンタプリズム使用、アイレベル式
■ファインダー倍率:約0.71倍
■本体サイズ(幅?高さ?奥行き):152.0?113.5?75.0mm
■本体重量:約810g
■Canon 一眼レフデジカメ
■EOS5DMK2































ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック