【株式フジ】相場の動きから判断! バンダイナムコHDなどに注目

相場の動きから判断! バンダイナムコHDなどに注目
ZAKZAK2013.03.15
連載:株式フジ


 サムライジャパンにも負けない大ホームランが飛びだしました! 先週(7日)の当欄で一点推奨した「ニッピ(7932)」が急騰劇を演じたのです。

 7日終値1420円→11日終値1726円(値幅制限いっぱいのストップ高!)、そして13日には1800円を大きく超える高値があります。1000株保有したとすると、ほんの4営業日で40万円もの大金が転がり込んできた計算になります。

 これがあるから株式投資は楽しい! やめられない! 数年いや十数年ぶりにやってきた本物の上昇相場を自らの利益にドンドン替えていきましょう。

 しかし、浮かれてばかりではいけませんので、こんな時こそ冷静に相場の流れを見つめ直してみたいと思います。足元、日経平均は高値圏にはあるものの弱含み揉み合いの状況です。そして、「これだけ上げたのだから少しは調整するはず」との見方が大勢です。ただ、上げ相場ではそのような調整局面こそ「買い場」となります(そうですね)。

 その後の再上昇で一番に儲けるのは、買いに行った投資家なのです。ではどうしようか…買いに出るか…でも一段安になるかもしれないし…。このように悩み、多くの投資家は見送りを選択します。だからこそ、少数の買いに出た投資家だけが儲かることになったのです。

 2月15日以降3月12日までで、日経平均が下げた日は6日間だけです。イタリア総選挙が懸念材料となり2月26日~27日の2日間に約400円下げましたが、それ以外は最大で2月21日の159円安があるだけです。それらをすべてひっくり返して現在の日経平均の水準があるわけですので、相場の大きな流れがどちらに向いているかなど、改めて申し上げるまでもありません。

 やはり四の五の言っているときではないと考えます! 学術的なことで相場を知ることはできません。相場は相場の動きから判断することになります。足元、全体相場が一服した局面で動意づいている銘柄は、かなりの強さを見せている銘柄ということになり、早く儲けられる可能性があると考えています。

 好採算のソーシャルゲームが追い風の「バンダイナムコHD(7832)」、輸出企業であるにもかかわらず、為替相場の円安一服をものともしない「ヤマハ発動機(7272)」が目を引きます。

 このほかでは、上場来高値を更新している、介護関連銘柄の「パラマウントベッドHD(7817)」は青天井の様相を呈しています。(株式ジャーナリスト・天海源一郎)

推奨銘柄
バンダイナムコHD(7832)
ヤマハ発動機(7272)
パラマウントベッドHD(7817)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック