【うわさの真偽】 円安で機械株 (日刊ゲンダイ2013年4月16日)

【うわさの真偽】
円安で機械株

【政治・経済】
日刊ゲンダイ2013年4月16日 掲載


 円安から真っ先に連想されるのは、自動車や電機といった輸出株だろう。ただ、機械セクターの売り上げ構成は約6割が海外となっており、想定為替の見直しから業績上振れの可能性も。

 今後は企業決算の発表が始まるが、まず先陣を切るのは安川電機。太陽光発電向け電力変換装置の特需が発生しているほか、自動車工場向けアーム溶接ロボットなどの需要拡大にも注目。工作機械受注も足元の引き合いが増え始め、回復の兆しが見えつつある。

 オークマやJUKIなどのほか、ニューフレアなど新興株が物色される公算もある。

推奨銘柄
安川電機
オークマ
JUKI
ニューフレア

<レジャー関連>

 旅行業者のJTBは4日、GWの国内旅行者数が前年同期比1%増の2223万人と、過去最高になる見通しを発表。

 開業30周年を迎える東京ディズニーリゾートなど首都圏が人気のほか、大河ドラマ「八重の桜」の舞台となる福島県などの観光客も伸びるもよう。オリエンタルランドやサンリオのほか、スパリゾートハワイアンズを運営する常磐興産に注目したい。

 また旅行予約サイトの楽天やカカクコム、一休のほかJR各社、JALやANA、LCCのスカイマークやスターフライヤーなど航空関連も短期で仕込みに妙味か。

注目銘柄
オリエンタルランド
サンリオ
常磐興産

楽天
カカクコム
一休
JR各社
JAL
ANA
スカイマーク
スターフライヤー

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック