【アベノミクス儲けたのはだれだ!?】 マンション いま人気なのは船橋と浦和だって

【アベノミクス儲けたのはだれだ!?】
マンション いま人気なのは船橋と浦和だって
【政治・経済】
日刊ゲンダイ2013年5月2日 掲載

http://gendai.net/articles/view/syakai/142225

 アベノミクスによって、どの地域の不動産が売れているのか。
「現在、マンション販売が活況なのは、超都心部と郊外に二極化しています。郊外で今年に入ってから一番売れたエリアというと、千葉県の船橋市でしょうか。3月には野村不動産の大規模マンション・1期募集で250戸が即日完売しました。売れるエリアは供給も増え、いい循環が生まれやすい。埼玉県の浦和エリアも販売が好調で、激戦区になっています」(不動産経済研究所・松田忠司氏)

 船橋は野田前首相の地元だ。即日完売した野村不動産の物件は、東武野田線・新船橋駅前の大規模開発プロジェクト。駅から徒歩1分で、3LDK2700万円台~というお手ごろ価格が人気の理由だという。

 不動産経済研究所の最新調査によると、首都圏のマンション1戸あたりの平均価格は4807万円で、前年同月比で139万円(3%)アップしている。平均価格を押し上げているのは、セールスが好調な都心の高額物件だ。海外の富裕層も日本の不動産に注目している。円安が2割進めば、彼らにとっては2割の値引き効果がある。

「都心の高額物件が目に見えて売れ出した。23区内全体で1億円以上するマンションは、2月に24戸が売れましたが、3月は125戸と一気に5倍増でした。3月に億ションが最も売れたのは千代田区です」(松田忠司氏=前出)

 マンションの供給戸数は増加傾向。今後は東雲や豊洲、有明など湾岸エリアの超高層マンションが続々と売り出され、人気を集めそうだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック