【地獄耳3銘柄】 本命は「日本電産」! 中間決算で業績を上方修正  (ネットマネー編集長・窪田広実)

【地獄耳3銘柄】本命は「日本電産」! 中間決算で業績を上方修正
ZAKZAK2013.08.06
.


画像

覆面株プロK氏が先週推奨の3銘柄

 今週の覆面株プロは、緻密なデータ分析で資産倍増できる本命株を探り当てる名手の証券アナリスト、R氏。真夏の市場は、どう動くのか。

 ──マーケットは、そろそろ夏季休暇モードに入りますが、投資注意点がありますか

 「例年、お盆のあたりは為替が円高に進みやすい傾向があります。最近の株価は為替に振り回されていますから、短期トレードなら休み前にいったん手仕舞っておきたい。一方、中長期投資の人は狙い目の株を押し目買いするチャンス。業績が堅調な株への投資タイミングを海外投資家も探っている状況ですから、株価が下げたところを逃さずに買い仕込みたい。今後の相場は業績の裏付けがある銘柄への選別投資が進みそうです。9月中間決算で業績上方修正が期待できる企業を丁寧に物色したいですね」

 ──では、上方修正で大儲けできそうな今週の本命株は

 「『日本電産』(東1・6594)です。ハードディスクドライブなどで使用される精密小型モーターで世界的なシェアを誇り、第1四半期ですでに業績上方修正を表明しました。中間決算でも再び上方修正が期待できるほど好調です。先月下旬に野村証券が同社の目標株価を7700円から8700円へ引き上げましたが、実際にその水準に向かって株価が跳ね上がりつつあります」

 ──その対抗株は

 「こちらも上方修正が期待できそうな『カルソニックカンセイ』(東1・7248)で勝負したいですね。日産系最大の自動車部品メーカーである同社の第1四半期決算は、営業利益で前年同期比2倍に拡大しました。しかも市場予想の35億円に対して約46億円という見事な内容。北米やアジアでの売り上げが順調に伸びていますから、さらなる上方修正の期待が高まっています」

 ──最後に大穴の株を

 「ネットの宿泊予約サービスを展開する『一休』(東1・2450)が狙い目です。同社の宿泊予約は高級ホテルや旅館など客単価が高い点が特徴で、国内の高額消費の盛り上がりと外国人旅行者の増加が収益を後押ししています。外食予約にも進出し、こちらも収益化しつつあります。現在13万円台後半の株価は、5月の年初来高値18万8000円を再び奪還するとみていますので、押し目買いで臨みたいところです」

 先週の覆面株プロ、大手ネット証券ストラテジストのK氏が挙げた3銘柄は、週前半の全体相場下落に押されてふるいませんでしたが、上昇基調。今後の爆騰に期待したいですね。 

(ネットマネー編集長・窪田広実)

推奨銘柄
本命株:『日本電産』(東1・6594)
対抗株:『カルソニックカンセイ』(東1・7248)
大穴株:『一休』(東1・2450)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック