「アベノミクスを殺す消費増税」田村秀男著(飛鳥新社)…特別付録 2013年後半 推奨株40銘柄

「アベノミクスを殺す消費増税 日本復活の最後のチャンスを潰すな!」田村秀男著(飛鳥新社 1,400円)


画像


はじめに

1.日本経済は「非常時」である

2.財務省、日銀にすり寄る学者、エコノミストたち

3.大新聞・経済報道の大罪

4.消費増税は最低2年間凍結せよ

5.中国・韓国を直撃するアベノミクス

6.新たな通貨戦争と日本の再生戦略

特別付録 2013年後半 推奨株40銘柄


アベノミクスを殺す消費増税
飛鳥新社
田村秀男

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アベノミクスを殺す消費増税 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



アベノミクスを殺す消費増税 [ 田村秀男 ]
楽天ブックス
日本復活の最後のチャンスを潰すな! 田村秀男 飛鳥新社発行年月:2013年07月25日 予約締切日:


楽天市場 by アベノミクスを殺す消費増税 [ 田村秀男 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


・発売日:2013年07月25日
・著者/編集:田村秀男
・出版社:飛鳥新社
・サイズ:単行本
・ページ数:249p
・ISBNコード:9784864102667

【内容情報】
15年にも及ぶデフレの戦犯は誰か?大新聞の経済報道を信じるな!著者が10年以上も批判し続けてきた財務省・日銀の政策の誤りと、そのお先棒をかつぐメディア・御用学者に真っ向から対峙する!

【目次】
1 日本経済は「非常時」である
2 財務省、日銀にすり寄る学者、エコノミストたち
3 大新聞・経済報道の大罪
4 消費増税は最低2年間凍結せよ
5 中国・韓国を直撃するアベノミクス
6 新たな通貨戦争と日本の再生戦略
巻末解説 2013年後半推奨株40銘柄

【著者情報】
田村秀男(タムラヒデオ)
産経新聞社特別記者・編集委員兼論説委員。高知県出身。早稲田大学第一政治経済学部卒。日本経済新聞ワシントン特派員、米アジア財団上級フェロー、日経香港支局長、編集委員、日本経済研究センター欧米研究会座長(兼任)、早稲田大学政経学部講師(同)などを歴任。現在、大手町newsカレッジと早稲田大学経済学大学院の非常勤講師を兼ねる。









この記事へのコメント

この記事へのトラックバック