トヨタがパイオニア吸収? 安倍「成長戦略」で業界再編どうなる (日刊ゲンダイ2013年8月23日 )

トヨタがパイオニア吸収? 安倍「成長戦略」で業界再編どうなる
【政治・経済】
日刊ゲンダイ2013年8月23日 掲載

http://gendai.net/articles/view/syakai/144177

 安倍政権の成長戦略に「企業再編」が盛り込まれるという。政府が再編に関与するとは、時代錯誤もはなはだしいが、税制優遇などをチラつかせて推し進める腹のようだ。

「造船業界では川崎重工と三井造船の統合が破談になったばかりです。それ以前にも、サントリーとキリン、日立と三菱重工など、統合話が浮上しては消えた。こうした業界は、今でも再編の火ダネがくすぶっているし、それ以外でも過当競争に陥り、経営統合が必要な業界はたくさんあります」(市場関係者)

 まず、地銀だ。現在、東京都を地盤とする東京都民銀行と八千代銀行が統合を協議中だが、地銀は100行以上(第二地銀含む)もある。
「大手はメガバンクに集約されたのに、地銀はほとんど手付かずです。1つの都道府県に1行で十分だと思います」(東京商工リサーチ情報部の増田和史氏)

<トヨタがパイオニアを吸収か>

 シャープやパイオニアなど電機業界も再編候補だ。
「トヨタ自動車がカーナビに強いパイオニアを吸収するという情報があります。シャープやパナソニックが、自動車会社とくっついてもおかしくない。米アップルがシャープを欲しがっているという話も流れています」(電機業界関係者)

 ドラッグストアや家電量販店、紳士服チェーンも競争過多で、いつ合併があってもおかしくはない。消費税増税が引き金になる可能性もある。

「税率アップで消費低迷は確実です。小売業は追い詰められるところも出るでしょう。とくにドラッグストアは企業数が多いので再編は十分にあり得ます」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 食品業界も候補だ。国内市場は少子化で頭打ち。いやが応でも、海外に目を向けざるを得ない。

「ネスレ(売上高約8兆円)やペプシコ(同約6兆5000億円)など巨大企業が世界市場を牛耳っています。そこで戦うには、国内トップの味の素(同約1兆2000億円)や明治HD(同約1兆1300億円)の規模では心もとない。キリンHD(同約2兆2000億円)、アサヒグループHD(同約1兆6000億円)も同様です」(食品業界関係者)

 国がわざわざ動かなくても、再編劇は間違いなく起きる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック