二子玉川証券研究会

アクセスカウンタ

zoom RSS 【「日本」の解き方】 景気循環にアベノミクス効果 後退期間は戦後2番目の短さ

<<   作成日時 : 2013/08/30 11:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

景気循環にアベノミクス効果 後退期間は戦後2番目の短さ
ZAKZAK2013.08.28
連載:「日本」の解き方

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130828/dms1308280728006-n1.htm


 内閣府は2009年3月からの景気拡大局面が12年4月まで37カ月間継続したと暫定的に判定した。09年3月が「谷」で、12年4月が「山」というわけだ。

 それでは今はどうかというとまだわからない。アベノミクスへの期待が生じた12年11月が「谷」で、今は“上り坂”の途中という可能性があるが、もしそうなると、12年4月の「山」から11月の「谷」までの短い景気後退だったことになる。

 内閣府がどのように景気の「山」や「谷」を判断するかというと、景気の現状を示す一致指数を構成する11の経済指標から作成する「ヒストリカルDI」を利用する。

 その指標は生産指数(鉱工業)、鉱工業生産財出荷指数、大口電力使用量、稼働率指数(製造業)、所定外労働時間指数(製造業)、投資財出荷指数(除く輸送機関)、商業販売額(小売業)、商業販売額(卸売業)、営業利益(全産業)、中小企業売上高(製造業)、有効求人倍数(除く学卒)というものだ。

 ヒストリカルDIの算出はちょっと技術的だ。まず個別の11の指標について特殊な統計分析手法で「山」と「谷」を確定する。ヒストリカルDIとは、この11指標の拡張系列数(プラスの数)の割合を示したもので、これが50%以上であれば拡張期、50%未満であれば後退期として、50%ラインを上から下に切る直前の月を「山」、逆に50%ラインを下から上に切る直前の月を「谷」としている。

 実際には、こうしたヒストリカルDIの結果を基に、主要経済指標や実体経済の動向を含めて検討が行われ、最終的には、内閣府経済社会総合研究所所長が主催する景気動向指数研究会の議論を経て、「山」と「谷」が決定される。

 このように書くと、昨年の11月が「谷」であることはわかりそうなものだが、11の指標の「山」と「谷」を確定させるための特殊な統計分析には、あと半年ほどのデータが必要だ。ただ、この11指標は良い数字になっているのは確かなので、今が“上り坂”であるのは間違いないだろう。

 12年4月が「山」であるので、そのあとには「谷」がどこかであるはずだ。それが今の段階では確定できないだけである。

 12年11月が「谷」であれば、景気後退期は7カ月になる。戦後14回の景気循環があり、その景気後退期は平均して16カ月であるが、朝鮮戦争の反動による4カ月の景気後退に次いで戦後2番目に短い後退期になる。

 12年11月は野田佳彦前政権が衆院解散を宣言したことで政権交代が確定した時期だ。

 アベノミクスについていまだに懐疑的な意見があるが、景気循環論からいえば、景気後退期間を短くしたのは確かだろう。ちなみに、景気拡張期の平均は34カ月。消費税増税さえスキップすれば、その程度は達成可能だ。消費税が今後の経済運営のカギである。 

(元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一)





日本経済の真相
中経出版
高橋 洋一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本経済の真相 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル












数学を知らずに経済を語るな!
PHP研究所
高橋 洋一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 数学を知らずに経済を語るな! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
いろいろ読ませていただいています。大変良い勉強になっています。今後は先生はなぜこのように考えられるのかというような質問をさせてもらってよろしいでしょうか。会員になるにはどうしたらよいのでしょうか。また有料であればお幾らですか。
makaroni01 13-09-10
2013/09/10 00:02
上記の続きで申し訳ありません。先生の在籍された省庁とは違う厚労省関係のことなのですが、お答えしていただけるでしょうか。
実は今少し体調を崩しある総合医療機関へ入院していますがその請求書の中で気になったことがありまして朝日新聞さんとしてはどう考えるか、ご考察をお伺いしたくメールいたしました。
その請求書なのですが、いま私が入院している医療機関は全室個室の病院でして、月初めに前月の請求書が上がってきましたところ、前回お世話になったときは個室料として請求書が上がってきていましたが今回は、その他の欄に金額が入っており、なぜ個室料と明記しないのかと、事務のほうに問いてみたところ、個室料として今回は請求できないという答えが返ってきました。なぜ個室に入っていて、入っている本人も支払うことに納得しているのにおかしな答えだと思い、再度聞いたところ、この病院は全室個室対応で全室個室料金が発生すると私は理解していたのですが、病院側に言わせると対外的または公式には全室有料というのは謳ってはならないと厚労省からの通達で、病院開業の時、開業申請の中にその文言が入っているので今回の請求は満室時であったため全部の部屋に対し個室料が請求できないから今回はその他で上げさせてもらったとのことでした。早い話が、厚労省の開業申請にはその通りにしますとの顔をしておきながら、裏では全室に対して料金をかけているわけです。わからなければやってしまえと思っているいるようで、厚かましいことこの上ないと思いました。

makaroni01 13-09-10
2013/09/10 00:44
800時しかダメだということでまた続きを書きます。今の現代においてこのようなことがまかり通っていいのかと思い厚労省に連絡を入れて、散々あっちの担当だからそちらに電話してくれと、いろいろとタライ回しにされた挙句ようやく三日目に元の事務所から連絡が入りうちが担当です。とのことでしたので、上記内容を伝えたところ、その病院は特別な申請をしていてもやはり20パーセントは無料部屋を確保しなければいけないとのことでした。それも患者に分かるように張り出すなりなんなりの処置もとっておかねばならないそうです。その厚労省担当官は、あなたとしてはどうしてほしいのかと尋ねるのでそれは私に対して請求を取りやめるというようなことではなく、厚労省の規定に違反しているのかどうか、確かめたうえで罰則規定が設けられてあるであろうからそれに照らし合わせて処分をお願いしたいと話しましたところ、調査はするが、あなたの持っている証拠とか意見をこちらに送ってくれとのことでしたので退院したらそちらに伺って、話をします。と言うとわかりました。との返事でしたが、ところでそのあとの経過はこちらに教えてもらえるかと質問したところ、一切の今後の質問および経過については、教えないとのこと。またどのような処置が下ったのかについても一切報告はしません。と言われるので、それではこちらとしてはその病院がどのような処置を厚労省のほうから受けたか、または何の罰則もなかったのかわからないではないかと食い下がってみたのですが、教えないものは教えないとのことで当然マスコミに漏れることもないでしょうと言われました。
makaroni
2013/09/10 00:47
厚労省としても当然建設許可の時からいろいろと甘い汁を吸っているでしょうし、その当時の政務三役にも何かしらの政治献金が渡っているでしょうから、たかが一市民からの情報提供程度で何か事を起こして、病院側からあんたの所へ渡した分を取り返すために市民を泣かせて金をとっているんじゃないか。と言われれば返す言葉がないのでしょう。マスコミに対しても発表しようなどというおこがましい考えなど微塵もなく、今後もとり放題にその病院が市民から違法な報酬を受け取っていても、黙認する構えなのが話の中でよくわかってきました。電話をしている最中にこんな事を話している自分が馬鹿に見えてきてとても腹立たしい気持ちになりました。
何か朝日新聞さんとしては、以上のことが事実であったなら、官公庁と医療現場との癒着関係についてスクープしてもらえるものなのでしょうか。それともこんなことは、日常茶飯事のことなので今更取り上げても仕方のない事なのでしょうか。一度お考えをうかがわせてもらえれば幸いです。
当方の名前はmakaroni と申します。ご連絡いただけたらと思います。よろしくお願いいたします。
実は赤系の朝日新聞に書いたものですがあえて朝日に出したところを訂正しませんでした。というのはメールを出して数日たっても受信したとも当然コメントも送ってきません。受信しているとだけでも返してくれたら時間があるとき読んでくれればまぁいいかとも思えるのですが、全然なしのつぶてであったので東京本社に電話連絡入れました。
makaroni  続き
2013/09/10 00:50

出た人に今までのいきさつを話すとなんで返信をくれないのかとしつこいぐらい何回もメールを送ってくださいと言われました。それでは東京で儲けてくれるのかと話したところ、受けるのは受けますがそれに対して返信はしませんよ、と言われあなた今ほかの部署にはガンガンメールを出せと言われたじゃないですか。何で受信しました。という一言のメールをもらえないのでかすか。と言うとこの部署は忙しいから。との返事、自分の部署に届くとめんどくさいから(読まなきゃいけないんだそうです。)送ってもらいたくなくて他の部署にはガンガンメールしろと言われているようですがどこも似たり寄ったりで忙しいのだろうと思いこのわけわからん男の話は聞く気がなくなって電話を置きました。次に私が自分だけ赤系の新聞だろうと思っていた日経に電話して情報提供をしたいと申しましたところ、FAXで送ってくれと言われ、今私のところにFAXがないんですよと言いますと、それではご縁がなかったことでもういいです。返事が返ってきました。別に私はこの人と結婚しようと思って連絡入れたわけじゃないんですけどね。以上2つの問題点について先生はいかがお考えになるか、ご高察をうかがいたいと思います
makaroni 続き
2013/09/10 00:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
【「日本」の解き方】 景気循環にアベノミクス効果 後退期間は戦後2番目の短さ 二子玉川証券研究会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる