【徹底検証 ドコモからiPhon】 日本の端末メーカーに衝撃 ドコモiPhoneでさらなる淘汰も

日本の端末メーカーに衝撃 ドコモiPhoneでさらなる淘汰も
ZAKZAK2013.09.07

http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20130907/ecn1309070956001-n1.htm

. .
画像

アップルストアに展示されている現行機種の「iPhone5」。シェア争いで苦戦するNTTドコモは、新機種からiPhoneの販売を始める(ロイター)

 NTTドコモが米アップルの人気端末「iPhone(アイフォーン)」を今秋発売で調整していることは、ドコモと二人三脚でやってきた日本の端末メーカーに衝撃となった。スマートフォン(多機能携帯電話)で劣勢が続く国内勢は撤退も相次いでおり、淘汰が進む可能性となった。

 アイフォーンを導入したソフトバンク、KDDI(au)への顧客流出が止まらず、ソニーとサムスンのスマホに販売促進費を出し、実質的に値下げする「ツートップ戦略」で巻き返しを図った。しかし効果は限定的で、ツートップ以外のメーカーへの影響が大きかった。反転の「切り札」としてアイフォーン発売に傾いた。アップル側にも事情があった。サムスンのシェアが低くアイフォーンのブランド力が強い日本は最重要市場の一つ。ドコモに供給できれば、確実に販売台数増が見込めるからだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック