「税金を払わない巨大企業」富岡幸雄著(文藝春秋 756円税込)

「税金を払わない巨大企業」富岡幸雄著(文藝春秋 756円税込)
日刊ゲンダイ2014年10月28日

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/154440


画像


 安倍政権が今年4月に実行した消費税増税。来年10月には10%への再引き上げが既定路線となっている。国民に重くのしかかる増税だが、日本の巨額な財政赤字は大企業が税金を払っていないことが原因だとしたら…。

 富岡幸雄著「税金を払わない巨大企業」では、日本の法人税の驚くべき実態を暴露。元国税庁大蔵事務官の著者が、日本の税制の不公平さを指摘している。

「税金を払わない巨大企業」(文春新書)富岡幸雄著(文藝春秋 756円税込)


画像


日本の法人税は本当に高いのか?
公開されている企業情報、直接取材によって明らかになったのは、
驚くべき税負担の軽さ。
巨大企業が正しく納税すれば、
法人税減税も、消費増税も必要ない!

第1章 大企業は国に税金を払っていない
第2章 企業エゴむき出しの経済界リーダーたち
第3章 大企業はどのように法人税を少なくしているか
第4章 日本を棄て世界で大儲けしている巨大企業
第5章 激化する世界税金戦争
第6章 富裕層を優遇する巨大ループホール
第7章 消費増税は不況を招く
第8章 崩壊した法人税制を建て直せ!


税金を払わない巨大企業 (文春新書)
文藝春秋
富岡 幸雄

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 税金を払わない巨大企業 (文春新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



税金を払わない巨大企業 [ 富岡幸雄 ]
楽天ブックス
文春新書 富岡幸雄 文藝春秋発行年月:2014年09月19日 予約締切日:2014年09月17日 ペ


楽天市場 by 税金を払わない巨大企業 [ 富岡幸雄 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


・発売日:2014年09月19日頃
・著者/編集:富岡幸雄
・出版社:文藝春秋
・サイズ:新書
・ページ数:191p
・ISBNコード:9784166609888

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
日本の法人税は本当に高いのか?公開されている企業情報、直接取材によって明らかになったのは、驚くべき税負担の軽さ。巨大企業が正しく納税すれば、法人税減税も、消費増税も必要ない!

【目次】
第1章 大企業は国に税金を払っていない
第2章 企業エゴむき出しの経済界リーダーたち
第3章 大企業はどのように法人税を少なくしているか
第4章 日本を棄て世界で大儲けしている巨大企業
第5章 激化する世界税金戦争
第6章 富裕層を優遇する巨大ループホール
第7章 消費増税は不況を招く
第8章 崩壊した法人税制を建て直せ!

【著者情報】
富岡幸雄(トミオカユキオ)
1925年生まれ。中央大学名誉教授、商学博士。1945年横浜高等商業学校(現横浜国立大学経済学部)卒業、1950年中央大学法学部卒業、同大学院商学研究科修士課程修了。国税庁の大蔵事務官、国税実査官を経て、1965年中央大学商学部教授。1967~68年欧米留学中に、米国カリフォルニア大学ロスアンゼルス校(UCLA)大学院ビジネススクール客員教授を務める。帰国後は、通商産業省中小企業承継税制問題研究会座長、政府税制調査会特別委員等を歴任。現在は日本租税理論学会理事、税務会計研究学会顧問を務める。

 法人税と法人住民税、法人事業税の3つを合計した、企業の所得に対してかかる法定正味税率は決まっており、2008年3月期から2012年3月期までは東京都の場合40.69%(資本金1億円超の場合)。これが大企業の経営者などからの引き下げ要求によって、2013年度は38.01%に、2014年度からは35.64%に下がっている。“経済と企業の活性化”を旗印に、法人税は年々優遇が厚くなっているにもかかわらず、大企業ほど払うべき税金を払っていないと著者は指摘する。

 もちろん、違法な脱税を行っているわけではない。しかし、研究開発の推進などで法人税が優遇される租税特別措置や、多国籍企業が国際的な節税スキームを駆使すれば、大企業ほど課税所得の軽減はたやすいという。
 この結果、純利益1479億円に対し支払った法人税300万円という大企業もある。

 消費税増税の前に、歪んだ法人税制の再構築が急務だ。