【トラトラ株】 ネットで人気の小説・漫画を書籍化「アルファポリス」魅力 スマホ関連の小型成長株

【トラトラ株】
ネットで人気の小説・漫画を書籍化「アルファポリス」魅力 スマホ関連の小型成長株
ZAKZAK2014.11.15

http://www.zakzak.co.jp/economy/investment/news/20141115/inv1411151000001-n1.htm

 ここまで、好材料が相次いでいることもあり、12日の日経平均は2日連続で年初来高値を更新した。

 まず、足元の物価上昇が鈍化していることを受けて、日銀は黒田バズーカ第2弾を発射した。そして、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は国内債券を現行の60%から中長期的に35%に下げる一方、国内株を25%に上げるほか海外株も積み増して、株式と債券との割合を半分ずつにする。さらに、足元では、景気に配慮して消費増税を先送りするとの期待がにわかに高まっている。これを受け、投資家の物色意欲が一段と強まっている。

 まず、10月30日、東証マザーズに新規上場した「アルファポリス(9467)」は、「ネット上で人気のある小説・漫画などのコンテンツを書籍化する」という既存出版社とは異なるビジネスモデルで出版業を営んでいる点が魅力だ。

 インターネット発の出版の先駆者である同社は、編集部員の強化などを行うことにより、インターネット発の書籍化およびその漫画化(2次出版)を加速させることで、2015年3月期第2四半期累計期間の出版点数は163点となり前事業年度同期比45点増となった。また、刊行書籍の6割超は発行部数1万部を超えており、一定以上の質も確保することができた。

 次に、デジタル画像処理技術を専門とする東京大学出身の技術者たちを中心に創立したベンチャーである「モルフォ(3653)」は、スマホ関連の小型成長株として注目する。

 14年10月期通期連結業績予想は、売上高は13・5億円(前期比28・6%増)、海外子会社を含む海外事業展開での費用抑制や一部遅延、本社移転を含む各種費用抑制に努めた結果、営業利益は2・5億円(同373・6%増)の見通し。

 同社グループは、海外メーカー各社での追加案件の獲得、新規顧客の開拓にむけた営業活動を継続し、また、半導体メーカーとの協業の実現にむけ、積極的な営業活動を展開している。

 そして、「ファインデックス(3649)」は、11月13日をもって東証JASDAQから市場第一部へ上場市場を変更した。これが注目ポイント。14年12月期通期業績予想は、売上高は28・7億円(前期比20・5%増)、営業利益は11・69億円(同43・5%増)の見通し。

 同社は、大学病院をはじめとする大規模病院や地域中核病院などへの医療用データマネジメントシステムClaioや院内データ総合管理ソリューション群の販売・導入に注力するとともに、ハイレベルな製品力が高い市場評価を得ている診療所版眼科カルテソリューションの代理店導入にも積極的に取り組んでいる。 

(株式会社カブ知恵 代表取締役・藤井英敏)

推奨銘柄
アルファポリス(9467)
モルフォ(3653)
ファインデックス(3649)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0