【トラトラ株】 スマホ着せ替えアプリが3200万ダウンロード 「ユナイテッド」注目

【トラトラ株】スマホ着せ替えアプリが3200万ダウンロード 「ユナイテッド」注目
ZAKZAK2014.12.13

http://www.zakzak.co.jp/economy/investment/news/20141213/inv1412131000001-n1.htm

 9日以降の東京株式市場は波乱の展開となっている。日経平均は8日に1万8030・83円を付けた後、11日前場には一時前日比368・95円安の1万7043・63円まで急落した。

 とりわけ、10日の日経平均は激しく下落した。9日のNYダウが一時前日比222・91ドル安となり、円相場が一時1ドル=117円90銭まで上昇するなど、外部環境が悪化したことが主因だ。

 株価指数先物・オプション12月物のSQ算出を12日に控え、プット・オプションの売り方がデルタ・ヘッジで先物に売りを出した結果、先物価格が急落。裁定解消売りが誘発され、日経平均は一時504・56円安に下げ幅を広げる場面があった。なお、SQ通過後は需給が落ち着く可能性が高いとみているため、足元の押し目は買いで対処したい。

 まず、「ユナイテッド(2497)」は、提供するスマートフォン着せ替えコミュニティアプリ『CocoPPa』が、12月2日に累計3200万ダウンロードを突破した。これが注目ポイント。

 『CocoPPa』は、2012年7月のサービス開始から2年半を経過して、改めて人気が高まってきている。また、ソーシャル・ビッグデータ事業を手掛ける、「データセクション(3905)」や、モバイルオンラインゲームの開発、運営および配信を手掛ける、「gumi(3903)」など、ベンチャーキャピタル業務のイグジットの実現も評価材料だ。

 次に「保土谷化学工業(4112)」は、電子材料事業や有機EL材料事業などの成長事業・育成事業に経営資源を傾斜配分し、事業の一層の強化・拡大を図っていることに加え、15年3月期の経常損益段階からの黒字転換見通しが注目ポイント。

 15年3月期通期連結業績予想は、売上高は365億円(前期比2・3%増)、営業利益は6億円(前期は3400万円の利益)、経常利益は1・5億円(前期は3・1億円の損失)、当期純利益は1億円(前期は12・71億円の損失)の見通し。

 そして、「合同製鐵(5410)」は高い業績変化率が注目ポイント。15年3月期第2四半期の連結業績については、鋼材販売数量はほぼ前年同期並みだったが、同社の鋼材販売価格が前年同期比トン当たり4900円上昇したことにより、売上高は656・10億円と前年同期比15・38億円の増収となった。

 こうした販売価格の改善と従来のコスト低減努力の継続もあり、15年3月期通期連結業績予想は、売上高は1400億円(前期比6・9%増)、営業利益は30億円(前期は15・95億円の損失)、経常利益は32億円(前期は18・25億円の損失)、当期純利益は26億円(前期は25・28億円の損失)の見通し。 

(株式会社カブ知恵 代表取締役・藤井英敏)

推奨銘柄
ユナイテッド(2497)
保土谷化学工業(4112)
合同製鐵(5410)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0