【図解で分かる「決算書」の仕組み】「ミクシィ」 スマホゲーム好調でメディア事業の減収補填

【図解で分かる「決算書」の仕組み】「ミクシィ」 スマホゲーム好調でメディア事業の減収補填
ZAKZAK2015.01.06

http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20150106/ecn1501061140002-n1.htm


画像

(1)貸借対照表


画像

(2)損益計算書


画像

(3)セグメント別売上高の対前年同期比較


 本日は、ミクシィをピックアップする。スマホゲーム「モンスターストライク」が好調の同社であるが、その実態はどうなっているのか。2014年4月~9月(上期)の決算書から読み解いてみよう。

 まず、貸借対照表=〔1〕=を見てみよう。資産に対して純資産が約72%もあり、安全性は問題ない。

 次に、損益計算書=〔2〕=を見てみよう。売上総利益率(粗利率)が約89%という驚異的な収益力を誇っている。原価がほとんどかからないネットビジネスであるため、このような利益構造になっている。また、営業利益率41%も驚異的である。前年同期は3億9800万円の営業赤字だったにもかかわらず、たった1年で見事にV字回復している。

 一時期はSNSサイト「mixi」の低迷で風前のともしびだった同社に、一体何が起こったのか? その要因は事業セグメント別=〔3〕=を見れば一目瞭然である。事業としては大きくメディア事業とコンテンツ事業とライフイベント事業に分かれる。

 メディア事業はSNSの「mixi」、コンテンツ事業は「モンスターストライク」という位置づけである。これらの中で、売上増加に最も寄与しているのが、やはり「モンスターストライク」のコンテンツ事業である。メディア事業の減収分をコンテンツ事業で余裕で補えている。ユーザーからの課金収入で稼いだ資金をテレビCMに投入し、認知度が上がってさらにユーザーが増える、といった好循環サイクルが回っている。海外へのサービス展開も順調に進んでおり、さらなる売上増加が予想される。

 「モンスターストライク」がリリースされる前、同社のこのようなV字回復を誰が予想しただろうか。大ヒット作により、見事にゲーム会社に変貌を遂げた同社の今後に注目である。 (川口宏之)

 ■かわぐち・ひろゆき 公認会計士、早稲田大大学院非常勤講師。1975年、栃木県出身。専修大経営学部卒。図を多用した会計に関するセミナーは会計の素人にも分かりやすいと評判。著書に『決算書を読む技術』(かんき出版)。


ビジネス基礎体力が身につく 決算書を読む技術
かんき出版
2013-01-09
川口宏之

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ビジネス基礎体力が身につく 決算書を読む技術 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ビジネス基礎体力が身につく 決算書を読む技術
かんき出版
2013-10-25
川口宏之

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ビジネス基礎体力が身につく 決算書を読む技術 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



決算書を使う技術
かんき出版
川口 宏之

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 決算書を使う技術 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



決算書を読む技術 [ 川口宏之 ]
楽天ブックス
ビジネス基礎体力が身につく 川口宏之 かんき出版発行年月:2013年01月 ページ数:219p サイ


楽天市場 by 決算書を読む技術 [ 川口宏之 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



決算書を使う技術 [ 川口宏之 ]
楽天ブックス
31社の事例で学ぶ 川口宏之 かんき出版発行年月:2014年12月 ページ数:221p サイズ:単行


楽天市場 by 決算書を使う技術 [ 川口宏之 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル