【日刊闇株新聞】 オリンパス事件の光と影 その15 (2015年03月18日)

日刊闇株新聞
オリンパス事件の光と影 その15
2015年03月18日

http://yamikabu.blog136.fc2.com/

オリンパス事件の光と影 その15

 昨年12月10日に「その14」を書いたのですが、その時点でだいたい記事が時間的に「事実」に追い着いていました。ここからは「新事実」を記事にすることになります。

 というより昨年末から「予告」していましたが、オリンパス事件の「表に出なかったところ」「意識的に揉み消されたところ」「後付けで作り出されたシナリオ」「そのシナリオに基づいた裁判・判決」などをてんこ盛りにした単行本を準備中なので、あまり先行して書くことを控えていました。

 ところが「新事実」が出てきだけでなく、その内容が予想とかなり違っていたので、単行本に先行して取り上げることにしました。

 少し前の話になりますが米国証券取引委員会(SEC)は2月27日、オリンパスの巨額損失隠しに深く関与した佐川肇氏(米国在住)と、今後証券業務に関わらないこと(だけ)を条件に和解し、事件の調査に協力したとして制裁金の支払いを求めないと発表しました。

 つまり完全なる「無罪放免」です。

 佐川肇氏は、オリンパス事件で他の関係者とともに逮捕状が出るところを帰国・出頭を拒否し、米国当局に情報提供と引き換えに「保護」を求めていたと推測されます。

 米国では情報提供しても、罪は軽くなることはあっても今回のように「無罪放免」になることは珍しく、よほど米国当局にとって「有益」な情報を提供したか、あるいは完全に米国当局のために「有益な証言」を約束したと感じます。

 オリンパス事件とは、日本だけでなく米国も舞台にしており、また米国の投資家も株主であり、まさに米国の事件でもあります。そこで容赦ない「巨額罰金ビジネス」の米国当局が、黙って「無罪放免」にするはずがありません。

 いよいよオリンパスは米国の「巨額罰金ビジネス」のターゲットとなり、まさに準備が整ったことになりますが、それではいったいどこが予想と違っていたのでしょう?

 米国当局がオリンパスに課す罰金が、本誌の予想をはるかに上回るような気がしています。本誌は罰金が、オリンパスが認めた有価証券報告書への最大虚偽記載額に近い1000億円と考えていたのですが、どうも甘かったようです。

 だから重要証人である佐川肇氏に、思い切ってサービスしておいたのでしょう。

 事件発覚以降、オリンパスは逮捕された菊川社長(当時)らも含めて全く争わず、すべて検察庁の決めたシナリオ通りに供述し、罪を全面的に認めました。

 これはなにも「否認」すべきだったと言っているのではなく、もっと事件の真相・背景を明らかにして、わかりやすく言えば事件の責任をもっと多岐にわたる関係者に散らしておくべきだったと考えます。例えばウッドフォードにあっさりと1000万ポンド(17億円)も支払うのではなく、その違反行為(内部資料の外部への無断配布など)も追及しておくべきだったと考えます。

 それを、会社ぐるみではなく菊川氏らほんの一部の社内関係者が、ほんの一部の「指南役」に主導されて、(形式犯である)有価証券報告書に虚偽を記載してしまったなど、明らかに無理のあるシナリオにしてしまいました。

 そこへ米国司法当局から「オリンパス自体が長年にわたって主導した悪質な証券詐欺事件である」と訴追されたら、戦いようがないことになります。一部の「指南役」に主導されましたでは、通るはずがありません。

 繰り返しですが米国当局は、佐川肇氏という「完全なる協力者」を手に入れています。

 その佐川肇氏「だけ」が果たした事件への重大な関与や、簡単に仲間を蔑(ないがしろ)にする品格の無さなどは、準備中の単行本で余すところなくご紹介する予定です。もちろん全く表に出てこなかった重大な事実や、重大な関与者もたくさん出てきます。

 その単行本ですが、実は原稿が遅れに遅れており完成までもう少し時間がかかってしまいます。大変に申し訳ありませんが、この顛末もしっかりと見届けて盛り込むつもりですので、もう少しお待ちください。

 ちなみに本日(3月18日)は、やはり「指南役」とされた横尾宣政氏の最終陳述です。もうニュースにもなりませんが、面白い内容が飛びだしそうです。


闇株新聞 the book
ダイヤモンド社
闇株新聞編集部

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 闇株新聞 the book の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



闇株新聞 the book
ダイヤモンド社
2013-04-29
闇株新聞編集部

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 闇株新聞 the book の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




闇株新聞 the book [ 闇株新聞編集部 ]
楽天ブックス
闇株新聞編集部 ダイヤモンド社発行年月:2013年04月 ページ数:251p サイズ:単行本 ISB


楽天市場 by 闇株新聞 the book [ 闇株新聞編集部 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





闇株新聞 the book-【電子書籍】
楽天Kobo電子書籍ストア
「Libor不正操作事件の裏にはリーマン処理への“復讐”がある」など金融問題から「外務省はなぜ中韓に


楽天市場 by 闇株新聞 the book-【電子書籍】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0