浜田教授も黒田総裁も 「異次元緩和」提唱者が始めた責任逃れ

浜田教授も黒田総裁も 「異次元緩和」提唱者が始めた責任逃れ
日刊ゲンダイ2015年4月24日

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/159291


画像

浜田宏一・エール大名誉教授(C)日刊ゲンダイ

 日銀は30日に開く金融政策決定会合で、今年度の物価上昇率見通しを従来の1%からゼロ%台後半に早くも下方修正する見通しだ。「2年程度で2%の物価上昇」という公約はすっかり空証文と化したが、2%目標について「こだわる必要はない。無理に2%に持っていく必要はない」と言ってのけたのは、内閣官房参与の浜田宏一・米エール大名誉教授(79)である。

 先週のBSフジの報道番組での発言で、日銀の再追加緩和についても「さらなる国債買い入れなど技術的に難しくなる可能性もある」と、しれっと答えていた。

 ご存じの通り、浜田氏こそ、異次元緩和の提唱者だ。安倍政権発足直前に「目指す物価上昇率は諸外国並みの2~3%が適切」「日銀は国債を大規模に買い入れればよい」などと首相に進言した張本人である。

 異次元緩和の開始から2年。成果がちっとも上がらないことへの焦りなのか、自ら大失敗を認めたのか。いずれにしろ、言い出しっぺの“ちゃぶ台返し”発言は、異次元緩和失敗の逃げ口上にしか聞こえない。

 日銀の黒田東彦総裁(70)は浜田氏にハシゴを外された格好だが、この男の無責任ぶりも負けていない。G20参加のため訪米していた19日、ミネソタ州の「エコノミック・クラブ」で講演。英語でこうスピーチした。

「向こう数年における(日本国債の)金利の市場見通しは非常に低い。我々は2%の物価目標を15年度、もしくは16年度序盤に達成できると見込んでいる。これは金利が徐々に上昇することを意味し、そうなれば日本の市場は驚くだろう」

 とまあ、2%達成に自信満々だったが、日銀がHPに公開した講演の邦訳全文にはこの内容が一切、出てこない。恐らく黒田氏は用意した原稿以外にアドリブで話したのだろう。実はこの発言の意味するところは恐ろしい。

「聞く人が聞けば、異次元緩和が出口に向かうと、“国債の大量買い上げで抑え込んでいた長期金利は急騰するぞ”と受け止めます。そうなると、利払い負担の上昇で日本財政はパンクしかねないから、“今から織り込んでおけ”というメッセージです。この事実を米国の金融マンにだけ打ち明けるなんて、日本国民を愚弄しています」(経済評論家・斎藤満氏)

 2人とも異次元緩和の失敗に気付きながら、責任逃れに汲々としているようにしか見えない。


世界が日本経済をうらやむ日
幻冬舎
浜田宏一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 世界が日本経済をうらやむ日 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



世界が日本経済をうらやむ日 (幻冬舎単行本)
幻冬舎
2015-02-27
浜田宏一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 世界が日本経済をうらやむ日 (幻冬舎単行本) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



世界が日本経済をうらやむ日 [ 浜田宏一 ]
楽天ブックス
浜田宏一 安達誠司 幻冬舎発行年月:2015年01月 ページ数:247p サイズ:単行本 ISBN:


楽天市場 by 世界が日本経済をうらやむ日 [ 浜田宏一 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



世界が日本経済をうらやむ日【電子書籍】[ 浜田宏一 ]
楽天Kobo電子書籍ストア
いまや資本主義は、低成長とパイの奪い合い、格差拡大という三つの矛盾を抱え、完全に行き詰まった。特に日


楽天市場 by 世界が日本経済をうらやむ日【電子書籍】[ 浜田宏一 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0