【★マネー得捜本部】  「新興&小型株」で3倍増を目指せ! 3賢者が注目する銘柄

「新興&小型株」で3倍増を目指せ! 3賢者が注目する銘柄
★マネー得捜本部
ZAKZAK2015.05.15

http://www.zakzak.co.jp/zakspa/news/20150515/zsp1505151130002-n1.htm


画像

3賢者が注目する銘柄とタイプ ※株価などのデータは4月19日時点のもの


画像

大幅に買い越す外国人投資家! 3月4週目は売り越しだったが、4月は週4000億~6000億円とかなりのボリュームを買い越し! 新興・中小型株に回っている!?


 日経平均が2万円を超えた後、足踏み状態が続いている。これまで相場を牽引してきた東証大型株に代わって、3倍高、4倍高となる銘柄が日替わりで登場してきている。東証大型株から、新興・小型株への物色が始まった!

 ◇

 4月10日、ついに日経平均が2万円を超えた。しかし、2万円乗せは午前9時8分から10分までのわずか2分あまり。2万円タッチしてからは足踏み状態が続いている日経平均だが、億超えトレーダーの個人投資家・むらやん氏は次のように相場の変化を感じるという。

 「4月中旬の段階ですが、ジャスダックやマザーズは高値を更新しています。また、日経平均はイマイチでも、TOPIXが好調な動きをする日が増えました。これらの現象は、今まで相場を牽引してきた東証大型株から中小型株や新興株に資金が回っているということを意味していると思われます。実際、ブロードバンドタワー(年初来安値141円→年初来高値480円)や倉元製作所(同安値134円→同高値1338円)、ITbook(同安値412円→同高値1264円)など、短期で急騰する新興・小型株が急増しているのが最近の特徴ですね」

 同様に、Yahoo!ファイナンス株価予想で2年連続年間MVPを受賞している熊谷亮氏も、相場の転換を指摘する。

 「日経2万円の達成感からいったん上昇相場は終了し、大型株は調整を余儀なくされるでしょう。その間、資金は新興・小型株に向かい、5~7月は個別株の循環物色が続くと予想します。しかし、相変わらず下値ではGPIFらの買いがあって底堅いですから、下げても限定的でしょう。一方で外国人投資家は、4月に入ってから週4000億~6000億円近くも買い越ししています。これは年間14兆円の買い越しとなった’13年以上のペース。今までは一部の大型株だけが上がるという儲かりにくい相場が続いていましたが、ここからは新興や中小型株に資金が回り、今までよりも儲かりやすい相場が到来しそうです」

 ■テーマ性、好業績、人気化しやすい株を狙え

 では、新興・小型株のなかでも、どのような銘柄に資金が集まりやすいのだろうか。

 「新興市場に資金が入ってきたとき、テーマ性がある株、人気化しやすい株、好材料を内包する株、業績が好調な株が活躍すると思われます。例えば、株式市場上昇の後押しから好調な業績が期待されるフィスコ、介護用電動ベッドの開発・製造・販売を手掛けるプラッツ、電力の小売りというテーマを持つイーレックス、自社で運営しているWeb投稿サイト『アルファポリス』で人気となった話題作を書籍化する独自ビジネスモデルを展開するアルファポリスなどが挙げられます」(熊谷氏)

 デイトレーダーのむらやん氏も、テーマ株に注目する。

 「最近人気なのはITbookやセキュアヴェイルなどの『マイナンバー関連』、ラオックスなどの『インバウンド関連』ですね。セキュアヴェイルは調整しながら3度の急騰を見せています。ほかにも、赤字なのに2度目の急騰がありそうなアクロディア、一度動きだしたら止まらないモルフォ、公募増資を発表して急落したものの全戻ししているラオックスなど、かなりの強さを感じますね」

■下値不安がなく上がるしかない株も

 また、熊谷氏は「下値不安がない銘柄」を推す。

 「例えばタカタです。同社が製造したエアバッグの欠陥問題が米国を中心に波紋を広げ、この約1年で3分の1になりました。しかし最近は底堅く推移しており、ついには出来高を伴いながら25日移動平均線や13週移動平均線なども突破してきました。ようやく安心して持っていられるタイミングになってきました」

 32歳ながら資産2億8000万円を持つサラリーマン投資家のキクチ氏は、テーマ株を事前に仕込んで巨利を狙うスタンスだ。

 「確かに値上がり率ランキングなどを見ると、新興銘柄が増えて物色が広がってきた感があります。私は、テーマ性のある大穴銘柄に集中投資して、業績が見直されたり資金が回って急騰したときに売るのがスタンス。とはいえ、物色されなくても十分安くなっている銘柄なら下値は知れているので、あとは上がるのを待つだけ。これまで大型株を買っていたファンドなどのお金がどこに向かうのか、物色されなそうな銘柄を今買っておくのがチャンスだと思います」

 ついに個人投資家好みの銘柄に資金が回ってきた。事前に仕込んで大きく利を狙うか、動き始めた銘柄に飛び乗るか。一度動き始めたら止まらない新興・小型株で3倍増を狙え!

 ■3賢者が注目する銘柄とタイプ

 ラオックス 全戻し型
 3月9日に公募増資を発表し急落。しかし、「インバウンド関連」というテーマ株の中心でもあり、下落分を戻す強さを見せている

 タカタ 発射直前型
 エアバッグのリコール問題で高値から半値以下に急落。その後は底堅く推移しており、最近出来高を伴って急騰の兆しを見せる

 共同ピーアール 複数テーマ物色期待型
 企業のPR、コンサルが主力事業。東京五輪に向けて物色期待。コンプライアンスの教育なども手掛ける。キクチ氏も保有する

 アクロディア 2段ロケット発射型
 昨年末からの急騰後、3分の1まで調整。さらに4月14日に下方修正を発表したものの、「マイナンバー関連」として2度目の急騰中

 イーレックス 上場後高値面合わせ型
 代理店を通じた電力小売りが主力。「電力自由化」のテーマ性を持つ。昨年末上場直後の高値に面合わせしており、一気に突破するか

 札幌臨床検査センター ジワジワ上昇型
 調剤薬局を北海道で展開。調剤薬局6割、臨床検査3割。「バイオ」などのテーマ性を持つ。800円前後の底値からジワジワと上昇中

 モルフォ 2段ロケット発射型
 急騰後、調整をしたものの、「ギャラクシーS6」にモルフォの動画高速再生技術が採用されさらに急騰。株式分割も発表

 フィスコ 好業績型
 金融情報端末やヤフー、会員の個人投資家などに金融関連情報を提供。株式市場上昇で業績好調。スマホアプリ拡大もあり最高益に

 タツモ 黒字転換大化け型
 液晶カラーフィルター用塗布装置で世界トップシェア。半導体製造装置など、独自技術を持つ。今期黒字転換予想で大化け期待大!

※株価などのデータは4月19日時点のもの


画像


 ■むらやん氏 億超えトレーダー。運用額1億円超のスーパートレーダー。多くの投資家から慕われるアニキ的存在。ブログ「むらやんが株やってます。」は個人投資家だけでなく業界関係者の読者も多い


画像


 ■熊谷亮氏 クマガイサポート代表。上昇期待銘柄を会員向けに提案。「Yahoo!ファイナンス株価予想」で勝率&連勝1位を達成、2年連続年間MVPを受賞。著書に『明日ドカンと上がる株の見つけ方』


画像


 ■キクチ氏 個人投資家。32歳ながら、2億8000万円を運用するサラリーマン投資家。PBR面で割安な、下値不安の少ないテーマ株を仕込んで、急騰局面で大きく利益確定するのを得意とする

取材・文/新興&小型株取材班 図版/エフスタイル


明日ドカンと上がる株の見つけ方
幻冬舎
熊谷 亮

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 明日ドカンと上がる株の見つけ方 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



明日ドカンと上がる株の見つけ方
幻冬舎メディアコンサルティング
2014-09-11
熊谷亮

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 明日ドカンと上がる株の見つけ方 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



明日ドカンと上がる株の見つけ方 [ 熊谷亮 ]
楽天ブックス
熊谷亮 幻冬舎メディアコンサルティング 幻冬舎発行年月:2014年07月 ページ数:218p サイズ


楽天市場 by 明日ドカンと上がる株の見つけ方 [ 熊谷亮 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0