【株式フジ】 現在の市場は“早い者勝ち” 限られている優良企業株 (2015.05.29)

【株式フジ】現在の市場は“早い者勝ち” 限られている優良企業株
ZAKZAK2015.05.29

http://www.zakzak.co.jp/economy/investment/news/20150529/inv1505290830002-n1.htm

 「日経平均が2万円を超えた」「東証1部の時価総額がバブル期を超えた」となっても過熱感は感じられません。そう遠くない時期に、下値で買おうと待ち構えていた投資家が(待っていても株価が下がらないので)方針転換し、上値を買うスタイルに変化していくでしょう。

 株式市場に流通する株は無限にあるわけでなく、とくに優良な企業の株は限られています。それほど多くはない株を、多くの投資家が奪い合うことになれば株価は「意外なほど高くなる」のです。正に早い者勝ちといえます。

 実は不安材料は多くあります。海外に起因することでは「ギリシャ問題」もそうですし、バブルの様相をみせている「上海株式市場」の動きもそうです。アメリカの利上げについては、今年中に実施することはわかっていても「Xデー」がいつなのかは判然としません。GW前にはドイツの金利が急騰し日本株もネガティブな影響を受けました。再びそれが起こらない保証はありません。

 そしてもう一つ忘れてはいけない問題があり、なんとそれは「国内問題」です。5月8日に公表された東芝の不正会計処理問題がそれです。同社は第三者委員会を設置して不適切な会計処理の内容や経緯の調査を進めており、2015年3月期連結決算発表を6月以降に延期するとしています。

 調査により不正会計による損失額(11年度~13年度までの累計営業損失500億円強とされている)が膨らむようなことになれば同社株にはもう一波乱起こり、ひいては日本企業のガバナンス改革に対する評価にも冷や水を浴びせることになります(主に外国人投資家が嫌うことです)。

 現在は東京市場全体に悪影響が波及しているわけではありませんが、上昇が一服すると急に悪材料がクローズアップされるのは相場の常です。そうなるまでは今の勢いに乗っていく投資を続けるのが正解です。

 大幅に円安が進行したことで、恩恵を受ける自動車関連株に注目が集まっています。完成車メーカーよりも自動車部品株の動きがいいのが足元の特徴です。

 トヨタ系の大手部品メーカー「アイシン精機(7259)」は4月28日と30日の両日に計790円(約16%)上昇したあと、その水準をキープする動きを続けていました。今回の円安を追い風に株価は上放れることになりそうです。

 ※株式情報CD/DL『天海通信』29日発行。詳細は私のHPをごらんください (株式ジャーナリスト・天海源一郎)


闇株新聞 the book
ダイヤモンド社
闇株新聞編集部

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 闇株新聞 the book の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



闇株新聞 the book [ 闇株新聞編集部 ]
楽天ブックス
闇株新聞編集部 ダイヤモンド社発行年月:2013年04月 ページ数:251p サイズ:単行本 ISB


楽天市場 by 闇株新聞 the book [ 闇株新聞編集部 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



電子書籍


闇株新聞 the book
ダイヤモンド社
2013-04-29
闇株新聞編集部

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 闇株新聞 the book の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



闇株新聞 the book【電子書籍】[ 闇株新聞編集部 ]
楽天Kobo電子書籍ストア
「Libor不正操作事件の裏にはリーマン処理への“復讐”がある」など金融問題から「外務省はなぜ中韓に


楽天市場 by 闇株新聞 the book【電子書籍】[ 闇株新聞編集部 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル