【リーチ一発 トラトラ株!】 2万円大台が目前! 注目銘柄は『学研HD』『セレス』『クオール』

2万円大台が目前! 注目銘柄は『学研HD』『セレス』『クオール』
ZAKZAK2015.11.21
連載:リーチ一発 トラトラ株!

http://www.zakzak.co.jp/economy/investment/news/20151121/inv1511211000001-n1.htm

 パリでの大規模テロ発生が嫌気され、東京株式市場では、16日寄り付き段階は売りが殺到したが、そこは逆に買い好機となった。テロを受けての欧州株式相場が比較的底堅く推移したため、テロによる世界的な株式相場への影響は限定的との見方が強まったからだ。

 そして、その後も非常に強い動きが続き、19日前引けの日経平均は前日比276円50銭高の1万9925円68銭と、2万円大台が目前に迫っている。

 19日の日本株の上昇は、10月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨で、大半の参加者が12月の次回会合までに利上げに向けた条件が満たされると予想していたことが明らかになり、外国為替市場で円安・ドル高が進行したためだ。このような良好な投資環境下、市場への資金流入は続く見通しだ。

 まず、「学研ホールディングス(9470)」は、11月下旬に政府が取りまとめる1億総活躍社会関連として注目する。安倍首相は「出生率1・8」「介護離職ゼロ」につながる実効性の高い政策に絞り込むよう指示している。

 ちなみに、同社の2015年9月期の高齢者福祉・子育て支援事業における売上高は前期比38・7%増の145・74億円、営業利益は前期比4・2億円増の1・01億円となった。介護報酬改定による減収や譲受物件の引き継ぎなどによる固定費増があったが、増収に加え、施設運営の効率化に努めたことが奏功し、営業利益に転じた。

 次に、「セレス(3696)」は、仮想通貨「ビットコイン」関連として注目する。同社は、ビットコインをより多くのユーザーに届けることを目指し、販売・買取・決済サービスを提供する、bitFlyerと業務提携を行い、モッピーポイントとビットコインとの交換を開始した。

 また、ビットコインサービス「coincheck」を提供するレジュプレス株式会社との間で、資本業務提携を行った。さらに、非中央集権型クラウドコンピューティングシステム「orb」の開発とその提供を行う株式会社Orbによる、第三者割当増資を引き受けた。

 そして、「クオール(3034)」は好業績が注目ポイント。製薬会社では薬情報担当者(MR)を派遣に切り替える動きが広がっており、その需要を取り込むべく、同社ではMRの派遣事業を強化し、今16年3月期の営業利益は最高益を更新する見通し。

 なお、16年3月期通期連結業績予想は、売上高は1258億円(前期比10・0%増)、営業利益は50・1億円(同18・1%増)、経常利益は50億円(同17・3%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は25億円(同16・0%増)と、2ケタ増収・増益の見通しだ。 (株式会社カブ知恵 代表取締役・藤井英敏)

「これから3年でお金持ちになる株式投資超入門」菅下清廣著(徳間書店  1,512円税込)


画像


【内容情報】(出版社より)
これから3年で日経平均は3万円を突破する。今回のアベノミクス相場の一番天井に向けて、いま株を買わずにいつ買うのか。2020年の東京オリンピック以降はもうこれほどの投資環境は望めない。いまから株をはじめようという初心者向けに、最小限の知識で最大効果をあげる投資のコツを伝授する。


これから3年でお金持ちになる株式投資超入門
徳間書店
菅下 清廣

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by これから3年でお金持ちになる株式投資超入門 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



これから3年でお金持ちになる株式投資超入門 [ 菅下清廣 ]
楽天ブックス
菅下清廣 徳間書店発行年月:2015年10月24日 予約締切日:2015年10月23日 ページ数:2


楽天市場 by これから3年でお金持ちになる株式投資超入門 [ 菅下清廣 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


基本情報
発売日: 2015年10月24日頃
著者/編集: 菅下清廣
出版社: 徳間書店
サイズ: 単行本
ページ数: 243p
ISBNコード: 9784198640309

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
日経平均は2016年に天井をつけ、2018年までにこの大相場は終わる。「経済の千里眼」が経験ゼロの初心者でもできる超シンプルな投資法を初公開!これから3年でお金持ちになるお宝株45銘柄。

【目次】
第1部 これから3年がお金持ちになる最後のチャンス
株のバーゲンセールは暴落から始まる
いま世界のマネーはどのように動いているか
これから3年の相場の流れを読んで投資する
これだけ知っていますぐ株式投資を始めよう
株価の動きをチャートで予測する
売買のルールを決めれば百戦危うからず
第2部 これから3年でお金持ちになるお宝株45銘柄
インフレ期待で業績を伸ばす会社
インバウンドで元気になる銘柄
イノベーションで劇的に変化する銘柄
e革命の「第四の波」が狙い目

【著者情報】
菅下清廣(スガシタキヨヒロ)
国際金融コンサルタント、経済評論家。スガシタパートナーズ株式会社代表取締役社長、立命館アジア太平洋大学学長特別顧問。大和證券国際部を経て、メリルリンチ、キダー・ピーボディなど外資系金融機関で要職を務め、1989年、フランス系投資銀行の日本法人ラザード・ジャパン・アセットマネージメント代表取締役に就任。1998年に同社を退社。現在は、内外の金融機関、新興企業、ベンチャー企業のコンサルタントや金融顧問を務める。