風雲児”は逮捕されたが…あえて仕手系銘柄に乗る「投資術」

“風雲児”は逮捕されたが…あえて仕手系銘柄に乗る「投資術」
日刊ゲンダイ2015年11月21日

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/170062


画像

深追いは厳禁だがやる価値はある(C)日刊ゲンダイ

 「兜町の風雲児」が17日、金融商品取引法違反(相場操縦)の疑いで東京地検特捜部に逮捕された。かつて仕手集団として知られた「誠備グループ」元代表の加藤暠容疑者(74)だ。

 加藤容疑者は、1970年代からバブル期にかけて、製紙会社など数々の仕手戦を仕掛けてきた。バブル崩壊後は鳴りを潜めていたが、2011年の大震災後、再び兜町でその名が聞かれるようになっていた。

「3.11後に、たいした理由もないのに株価急騰を演じた新日本理化を仕掛けたのが加藤氏でした。株価は300円水準から、1300円近くまで急騰した。4倍以上です」(市場関係者)

 逮捕容疑は12年2月15日~3月2日の「新日本理化」株価つり上げで、株価の動きは871円から1297円へ。

 特捜部は“加藤グループ”が同社を含む4銘柄の株価操縦によって、60億円の利益を上げたとみている。

「仕手筋はニセ情報などを流し、株価操作します。風説の流布に該当する悪質さです。一方、最近、市場で暴れている旧村上ファンド系や、米サード・ポイントといった“モノ言う株主”は、ニセ情報ではなく、会社側に株主還元策の拡充などを迫ります。双方のやり方は違いますが、どちらも株価上昇の要因でしょう」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 となると、モノ言う株主が目を付けた銘柄は、引き際さえ間違えなければ、個人投資家にもウマミがありそうだ。

 旧村上ファンド系といわれるC&Iホールディングスが、大量保有報告書で黒田電気の大株主だと判明したとき、同社の株価は1634円だった。その後、66%上昇となる2723円まで値上がりした。米サード・ポイントが経営改革を迫ったソニーの株価は倍以上になっている(別表参照)。

 どんな投資術が有効か。

「1銘柄で最低でも2単元を購入することです。単元株(最低売買単位)が100株だったら、200株買います。そして、株価が30%アップしたところで100株売却する。その後も株価上昇が続けば、残り100株は持ち続ければいい。もし購入時の株価まで下がってしまったら、そこで売却すればいいのです。最初に売った100株と合算すると15%の利益となります。この手法が使えるのは、株価上昇がある程度見込める株だけです」(倉多慎之助氏)

 モノ言う株主銘柄はピッタリかもしれない。ただし、深追いは絶対に禁物!

「これから3年でお金持ちになる株式投資超入門」菅下清廣著(徳間書店  1,512円税込)


画像


【内容情報】(出版社より)
これから3年で日経平均は3万円を突破する。今回のアベノミクス相場の一番天井に向けて、いま株を買わずにいつ買うのか。2020年の東京オリンピック以降はもうこれほどの投資環境は望めない。いまから株をはじめようという初心者向けに、最小限の知識で最大効果をあげる投資のコツを伝授する。


これから3年でお金持ちになる株式投資超入門
徳間書店
菅下 清廣

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by これから3年でお金持ちになる株式投資超入門 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



これから3年でお金持ちになる株式投資超入門 [ 菅下清廣 ]
楽天ブックス
菅下清廣 徳間書店発行年月:2015年10月24日 予約締切日:2015年10月23日 ページ数:2


楽天市場 by これから3年でお金持ちになる株式投資超入門 [ 菅下清廣 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


基本情報
発売日: 2015年10月24日頃
著者/編集: 菅下清廣
出版社: 徳間書店
サイズ: 単行本
ページ数: 243p
ISBNコード: 9784198640309

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
日経平均は2016年に天井をつけ、2018年までにこの大相場は終わる。「経済の千里眼」が経験ゼロの初心者でもできる超シンプルな投資法を初公開!これから3年でお金持ちになるお宝株45銘柄。

【目次】
第1部 これから3年がお金持ちになる最後のチャンス
株のバーゲンセールは暴落から始まる
いま世界のマネーはどのように動いているか
これから3年の相場の流れを読んで投資する
これだけ知っていますぐ株式投資を始めよう
株価の動きをチャートで予測する
売買のルールを決めれば百戦危うからず
第2部 これから3年でお金持ちになるお宝株45銘柄
インフレ期待で業績を伸ばす会社
インバウンドで元気になる銘柄
イノベーションで劇的に変化する銘柄
e革命の「第四の波」が狙い目

【著者情報】
菅下清廣(スガシタキヨヒロ)
国際金融コンサルタント、経済評論家。スガシタパートナーズ株式会社代表取締役社長、立命館アジア太平洋大学学長特別顧問。大和證券国際部を経て、メリルリンチ、キダー・ピーボディなど外資系金融機関で要職を務め、1989年、フランス系投資銀行の日本法人ラザード・ジャパン・アセットマネージメント代表取締役に就任。1998年に同社を退社。現在は、内外の金融機関、新興企業、ベンチャー企業のコンサルタントや金融顧問を務める。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0