【西村剛の勝負銘柄】 「日本郵政」に熱視線 インデックスに組み入れられることで資金流入に期待

【西村剛の勝負銘柄】「日本郵政」に熱視線 インデックスに組み入れられることで資金流入に期待
ZAKZAK2015.11.25

http://www.zakzak.co.jp/economy/investment/news/20151125/inv1511251140001-n1.htm

 パリ同時多発テロに対するリスク回避から、日経平均株価は一時、大きく売られました。だが、徐々に詳細が伝わったことで、こうした動きはすぐ収まりました。

 米市場が上昇したことや米ドル為替が円安に進行したことで、日本株市場も2万円台に迫るまで上昇しました。基本的に株式市場は、寄り付きが高く、引けにかけて下がる(陰線)傾向が強い。

 しかし、直近は、寄り付きより大引けが高く引ける(陽線)ことが多く、悪材料が出ながらも、投資家の買いが衰えない強い相場といえます。当面、この流れが継続する可能性は高く、好調な地合いが期待できるでしょう。

 こうした局面では、上昇トレンドを形成し、さらなる上昇が期待できる銘柄に注目する順張り戦略が有効です。

 そこで、私が注目したのは『日本郵政』(6178)。同社は子会社に「日本郵便」「ゆうちょ銀行」「かんぽ生命」を持つ日本郵政グループの持株会社です。

 同社は4日、新規上場し、公募価格1400円から16・5%高の初値をつけて、その後も上昇が継続しています。同社を「TOPIXなどのインデックスに組み入れられることによる機関投資家の資金流入が期待できる」銘柄として注目したいと考えます。

 直近発表した第2四半期決算は、経常収益7兆350億円(前年同期比1%減)、経常利益4733億7800万円(同8・8%減)、中間純利益2133億4400万円(同1・7%減)と減収減益となっています。

 郵便・物流事業が大きな赤字を計上しているほか、超低金利を背景に、ゆうちょ銀行とかんぽ生命の資産運用益が減少したことが要因です。これまで国営企業として制約されていた業務が多く、収益力に課題があるものの、民営化が推進されることで収益力改善が期待できると判断しました。

 業績面では、今後の改善に期待したいところですが、株価面では中長期的に上昇が期待できます。同社の時価総額は約8兆5000億円と大きく、TOPIXや日経平均の株価指数に組み入れられます。こうした指標に組み入れられることで、ファンドを運用している機関投資家が同社株を購入する可能性が高く、継続的に資金流入する期待が持てます。

 配当利回りは約2・4%と高く、サラリーマンのボーナス時期が12月に集中することから、NISA口座や長期保有を目的とした個人投資家の買いが期待できそうです。年末の投資戦略を考える上で、同社に注目してはいかがでしょうか。 (フェアトレード代表取締役)

 ■西村剛(にしむら・つよし) フェアトレード代表取締役。機関投資家出身で、統計データを重視したシステムトレードに注力。2011年株-1GPグランドチャンピオン大会で+200・4%、12年大会で+160・1%、13年大会で+157・0%のパフォーマンスを叩き出し、3連覇を達成。証券アナリスト検定会員。

「日経平均は3万円を超える! 過去20年間で最長・最大の上昇波動」 SMBC日興証券株式会社著(徳間書店 1,620円税込)


画像


株はまだまだ上がる。大相場の前に、どの株を買うべきか、どのようなポートフォリオを構築すべきかを完全指南。


日経平均は3万円を超える!
徳間書店
SMBC日興証券投資情報部

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日経平均は3万円を超える! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



日経平均は3万円を超える! [ SMBC日興証券株式会社 ]
楽天ブックス
過去20年間で最長・最大の上昇波動 SMBC日興証券株式会社 徳間書店発行年月:2015年08月 予


楽天市場 by 日経平均は3万円を超える! [ SMBC日興証券株式会社 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


発売日: 2015年08月
著者/編集: SMBC日興証券株式会社
出版社: 徳間書店
サイズ: 単行本
ページ数: 238,
ISBNコード: 9784198639983

【内容情報】
日経平均2万円は、単なる通過点に過ぎない。本書では、「東京オリンピックまでに、日経平均は3万円を突破する」と予想する。2012年からスタートした今回の上昇は、明治、昭和の上昇に続く“平成相場”の始まり。その「過去20年間で最長・最大の上昇波動」にいかにして乗るか?「2020年までの株式投資術」を指南する。

【目次】
第1章 今からでも遅くない。日本株はこれからが買い時
第2章 デフレマインド脱却は、すでに始まっている
第3章 気づいた人から得をする「コーポレートガバナンス革命」
第4章 巨額の年金基金や日銀が出動!相場の変革期に乗り遅れるな
第5章 日本株の行方を左右するアメリカ経済の動向
第6章 アジア諸国では、インド、インドネシアのビジネス環境好転に期待
第7章 長期的なサイクルから見える株、為替、金利の未来
第8章 今が買い時!キーワードで読み解く注目の個別銘柄
第9章 ベテラン証券マンが語る株式投資実践ノウハウ集

電子書籍

過去20年間で最長・最大の上昇波動 日経平均は3万円を超える!
徳間書店
2015-08-21
SMBC日興証券投資情報部

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 過去20年間で最長・最大の上昇波動 日経平均は3万円を超える! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



過去20年間で最長・最大の上昇波動 日経平均は3万円を超える!【電子書籍】[ SMBC日興証券投資情報部 ]
楽天Kobo電子書籍ストア
東京オリンピックまでに日経平均は3万円超になる!今回の株の高騰はバブルではない。日経平均60年周期説


楽天市場 by 過去20年間で最長・最大の上昇波動 日経平均は3万円を超える!【電子書籍】[ SMBC日興証券投資情報部 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル