【地獄耳3銘柄】 「1億総活躍社会」介護分野で期待の本命『エス・エム・エス』

【地獄耳3銘柄】「1億総活躍社会」介護分野で期待の本命『エス・エム・エス』
ZAKZAK2015.12.22

http://www.zakzak.co.jp/economy/investment/news/20151222/inv1512221140001-n1.htm


画像

覆面株プロR氏が先週推奨の3銘柄

 今週の覆面株プロは、株式マーケットで「一番の地獄耳」と定評のある大手投資情報会社のS氏です。年末年始の相場で、どんな“大化け銘柄”が地獄耳に届いているのか。

 --個人投資家は年末年始に株でモチ代稼ぎをしたいところです

 「年末までは中小型株を業績面で買いにいく相場となり、年明けは安倍晋三政権への政策催促相場が展開されそうです。銘柄物色の方向性を間違えないようにしたいですね。2016年全体の相場見通しは、1月に海外からの新規資金が流入して底上げし、夏の参院選までは好調が続くとみています。ただ、そのためには日銀がバックアップ的に金融緩和姿勢を強める必要がありそうです」

 「年後半には、米国の大統領選挙が予定されています。その影響より17年4月の消費税率アップへの懸念が国内マーケットを揺り動かすことになると考えます。年間を通して株価が上げ潮基調になれるかどうかは、企業が本気で賃上げに動くかにかかっています。2月からの春闘がどのような攻防となるか、よく見ておく必要があります。投資作戦としては、年明け早々から始まる予定の通常国会に提出される補正予算がらみの政策に先回りする手が有効です」

 --では、補正予算がらみの政策に先回りして大儲けが期待できる今週の本命株は

 「安倍政権が目指している『1億総活躍社会』のテーマで、介護の分野に関連して大いに活躍しそうな『エス・エム・エス』(東1・2175)に注目しています。同社はネットを通じて介護・医療に特化した人材紹介や求人広告を展開しており、老人ホーム運営など箱モノの介護関連企業とは一線を画しています。介護の問題を解決していくには人手の問題の解消が特に重要。同社の活躍余地は大きく、政策面での後押しも期待できそうです」

 --その対抗株は

 「総合物流会社の『鴻池運輸』(東1・9025)です。3つの株価刺激材料があります。1つ目が同社が運営する冷凍・冷蔵倉庫がTPP関連で有望であること。2つ目が製造業の国内回帰で同社が手掛ける工場内物流の売り上げが拡大傾向にあること。3つ目が空港関連事業でインバウンドの追い風が吹いていることです」

 --大穴の株は

 「音響関連の老舗企業『オンキヨー』(ジャスダック・6628)です。パイオニアのAV部門買収が、同社利益の大幅増加をもたらす可能性が出ています」

 先週の覆面株プロ、株式アナリストのR氏が挙げた3銘柄では、全体相場が急落した先週前半に逆行高を演じた『ダイセル』の今後が期待できそうです。 (ネットマネー編集長・窪田広実)

推奨銘柄
本命株:『エス・エム・エス』(東1・2175)
対抗株:『鴻池運輸』(東1・9025)
大穴株:『オンキヨー』(ジャスダック・6628)

「これから3年でお金持ちになる株式投資超入門」菅下清廣著(徳間書店  1,512円税込)


画像


【内容情報】(出版社より)
これから3年で日経平均は3万円を突破する。今回のアベノミクス相場の一番天井に向けて、いま株を買わずにいつ買うのか。2020年の東京オリンピック以降はもうこれほどの投資環境は望めない。いまから株をはじめようという初心者向けに、最小限の知識で最大効果をあげる投資のコツを伝授する。


これから3年でお金持ちになる株式投資超入門
徳間書店
菅下 清廣

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by これから3年でお金持ちになる株式投資超入門 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



これから3年でお金持ちになる株式投資超入門 [ 菅下清廣 ]
楽天ブックス
菅下清廣 徳間書店発行年月:2015年10月24日 予約締切日:2015年10月23日 ページ数:2


楽天市場 by これから3年でお金持ちになる株式投資超入門 [ 菅下清廣 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


基本情報
発売日: 2015年10月24日頃
著者/編集: 菅下清廣
出版社: 徳間書店
サイズ: 単行本
ページ数: 243p
ISBNコード: 9784198640309

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
日経平均は2016年に天井をつけ、2018年までにこの大相場は終わる。「経済の千里眼」が経験ゼロの初心者でもできる超シンプルな投資法を初公開!これから3年でお金持ちになるお宝株45銘柄。

【目次】
第1部 これから3年がお金持ちになる最後のチャンス
株のバーゲンセールは暴落から始まる
いま世界のマネーはどのように動いているか
これから3年の相場の流れを読んで投資する
これだけ知っていますぐ株式投資を始めよう
株価の動きをチャートで予測する
売買のルールを決めれば百戦危うからず
第2部 これから3年でお金持ちになるお宝株45銘柄
インフレ期待で業績を伸ばす会社
インバウンドで元気になる銘柄
イノベーションで劇的に変化する銘柄
e革命の「第四の波」が狙い目

【著者情報】
菅下清廣(スガシタキヨヒロ)
国際金融コンサルタント、経済評論家。スガシタパートナーズ株式会社代表取締役社長、立命館アジア太平洋大学学長特別顧問。大和證券国際部を経て、メリルリンチ、キダー・ピーボディなど外資系金融機関で要職を務め、1989年、フランス系投資銀行の日本法人ラザード・ジャパン・アセットマネージメント代表取締役に就任。1998年に同社を退社。現在は、内外の金融機関、新興企業、ベンチャー企業のコンサルタントや金融顧問を務める。