【株式フジ】 「欧州株高+円安」のダブル追い風 年内“早期高値更新”の目

【株式フジ】「欧州株高+円安」のダブル追い風 年内“早期高値更新”の目
ZAKZAK2015.12.04

http://www.zakzak.co.jp/economy/investment/news/20151204/inv1512041140002-n1.htm

 今年の立会日はあと18日を残すのみです。しかし、まだ来年のことをいうのは早そうです。なぜなら、12月1日に日経平均が2万円の大台を約3カ月半ぶりに回復したばかりだからです。

 本年ここまでの終値ベースの高値は6月24日の2万868円3銭です。現行水準から1000円足らずの水準なのです。率にしても5%以下ですので…「年内高値更新」の可能性は十分にあります。そうなったときにいかに実現益を得ることができるかを考えるのが先です。

 本日(3日)の欧州時間に「ECB(欧州中央銀行)理事会」が開催されます。10月の会合では政策金利を据え置き、量的緩和政策の継続を決定しています。理事会後の記者会見でドラギ総裁は追加緩和が議論されたことを明らかにし、12月の会合で追加緩和に踏み切る可能性を示唆しました。この発言と中国人民銀行の追加緩和が直近の出直り相場のキッカケとなりました。

 とくにEUは今秋の経済見通しで成長率および物価上昇率を下方修正していることから、ECB追加緩和への期待が高まっています。もちろん空振りに終わる場合もありますが、その際はまた記者会見で市場の動揺を和らげる発言(「次はやるかも」のような)が出てくるものと考えられます。期待通りに追加緩和が実施された場合は、ユーロがドルに対し一段安となること必至です。ドルが高くなりますので、ドル円相場では円が安くなります、つまり円安進行です。

 加えて、欧州株の上昇が加速することも考えられるため、日本株にとっては「欧州株高+円安」のダブル追い風となることが高確率で起こりそうです。そのまま勢いを持続すると…やはり「年内高値更新」の目があるのです。「早期」という文言を付け加えたほうがいいかもしれません。

 当欄では11月12日の段階で「意外なほど早い日経平均2万円回復」を予想しました。今回はもう一段上の「早期高値更新」をみていきましょう。

 勢いがついてくると「低位株」にも物色のホコ先が向くでしょう。すでに株価500円台の「三井化学(4183)」や株価200円台の「古河電気工業(5801)」など一部に動意づく銘柄が出始めています。

 これらは十分な流動性を持っていること(=いつでも買えていつでも売れる)から、売買が盛りあがったときにディーリング対象となる銘柄です。投資資金がグルグルと回転して高値に進むイメージです。 (株式ジャーナリスト・天海源一郎)

「これから3年でお金持ちになる株式投資超入門」菅下清廣著(徳間書店  1,512円税込)


画像


【内容情報】(出版社より)
これから3年で日経平均は3万円を突破する。今回のアベノミクス相場の一番天井に向けて、いま株を買わずにいつ買うのか。2020年の東京オリンピック以降はもうこれほどの投資環境は望めない。いまから株をはじめようという初心者向けに、最小限の知識で最大効果をあげる投資のコツを伝授する。


これから3年でお金持ちになる株式投資超入門
徳間書店
菅下 清廣

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by これから3年でお金持ちになる株式投資超入門 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



これから3年でお金持ちになる株式投資超入門 [ 菅下清廣 ]
楽天ブックス
菅下清廣 徳間書店発行年月:2015年10月24日 予約締切日:2015年10月23日 ページ数:2


楽天市場 by これから3年でお金持ちになる株式投資超入門 [ 菅下清廣 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


基本情報
発売日: 2015年10月24日頃
著者/編集: 菅下清廣
出版社: 徳間書店
サイズ: 単行本
ページ数: 243p
ISBNコード: 9784198640309

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
日経平均は2016年に天井をつけ、2018年までにこの大相場は終わる。「経済の千里眼」が経験ゼロの初心者でもできる超シンプルな投資法を初公開!これから3年でお金持ちになるお宝株45銘柄。

【目次】
第1部 これから3年がお金持ちになる最後のチャンス
株のバーゲンセールは暴落から始まる
いま世界のマネーはどのように動いているか
これから3年の相場の流れを読んで投資する
これだけ知っていますぐ株式投資を始めよう
株価の動きをチャートで予測する
売買のルールを決めれば百戦危うからず
第2部 これから3年でお金持ちになるお宝株45銘柄
インフレ期待で業績を伸ばす会社
インバウンドで元気になる銘柄
イノベーションで劇的に変化する銘柄
e革命の「第四の波」が狙い目

【著者情報】
菅下清廣(スガシタキヨヒロ)
国際金融コンサルタント、経済評論家。スガシタパートナーズ株式会社代表取締役社長、立命館アジア太平洋大学学長特別顧問。大和證券国際部を経て、メリルリンチ、キダー・ピーボディなど外資系金融機関で要職を務め、1989年、フランス系投資銀行の日本法人ラザード・ジャパン・アセットマネージメント代表取締役に就任。1998年に同社を退社。現在は、内外の金融機関、新興企業、ベンチャー企業のコンサルタントや金融顧問を務める。