黒田日銀にブーイング 余計な「買い」でトランプ相場攪乱

黒田日銀にブーイング 余計な「買い」でトランプ相場攪乱
日刊ゲンダイ2016年12月4日

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/195112


画像

何もしないほうがいい?(C)日刊ゲンダイ

 日銀の黒田総裁は何をやっているんだ――。兜町から批判めいた声が聞こえてくる。

「トランプ相場で株価は着実に上昇を続けています。だから日銀はただ見守っていればいいのに、余計な動きをして相場を撹乱しています。相場のイロハが分かっていない」(市場関係者)

 どういうことか。日銀は株価を下支えするために、年間に6兆円規模の上場投資信託(ETF)を購入している。今年8月は3522億円、9月は8063億円、10月は2828億円を買った。

「ところが米大統領選でトランプ氏が勝利し、円安・株高の流れとなって以降、株価を下支えする必要がなくなったせいか、日銀の“買い出動”はパタリとやんだのです」(株式評論家の倉多慎之助氏)

相場の過熱感を冷やす邪魔

 日銀はトランプ勝利前の11月1~9日に合計2825億円を買ったが、その後は28日まで動かなかった。28日はドル円相場が急速に円高方向に振れ株安傾向となったため、日銀は慌てて706億円のETFを購入している。

だが、株価維持が狙いだったと思われる「買い」は市場の不評を買った。

「日経平均はトランプ勝利から28日まで2000円以上も上昇しました。市場は過熱感でいっぱいで、冷静さを取り戻したいムードとなっていました。この日に200~300円下げれば、過熱感は払拭されたでしょうが、日銀の買いが入ったことで24円安と下げ切れなかった。相場はいったん冷やさないと、さらなる上昇のマグマはたまらないのです」(証券アナリスト)

 日銀は余計なことをしてくれた……といわんばかりだが、日銀にも事情はある。

「年間に約6兆円のETFを購入するとなると、月平均は5000億円です。現状は平均すると4000億円程度でしょうから、買い余力は十分過ぎるほど残っているのです」(ちばぎん証券アナリストの安藤富士男氏)

 実は2日、日銀はトランプ勝利後で2回目となる「買い」を発動した。購入額は11月の1日当たり実績の706億円を上回る742億円。終値は1万8426円で、前日比87円安と小幅下落にとどまった。またしても「相場を冷やす邪魔」をしたことになるが、一部の市場関係者は「これで年内の株高は間違いなし」と太鼓判を押す。

「少しでも株価が下がれば、日銀は買い支えに動くということがハッキリしました。外国人投資家は、こうした日銀の動きを先読みし、11月は第4週(25日)まで1.2兆円を買い越しています」(市場関係者)

 ただし、ほぼ一本調子の爆上げ相場だけに、落ちるときはドカンと下がる。警戒を怠らないほうがいい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0