【トラトラ株】 トヨタ車のフィルムヒーター新規受注で「東京コスモス電機」に妙味

【トラトラ株】トヨタ車のフィルムヒーター新規受注で「東京コスモス電機」に妙味 「モブキャスト」連結最終赤字が大幅縮小
ZAKZAK2017.02.19

http://www.zakzak.co.jp/economy/investment/news/20170219/inv1702191000001-n1.htm

 トランプ政権の大型減税や巨額インフラ投資などの積極的な財政政策や、ドッド・フランク法(金融規制改革法)などを見直す金融規制緩和への期待を背景に、昨年11月の米大統領選後に始まった「トランプラリー」が再び盛り上がりをみせている。

 例えば、15日のNYダウは5日続伸し、前日比107・45ドル高の2万0611ドル86セントと、5日連続で過去最高値を更新した。ナスダック総合株価指数も6日続けて最高値を更新し、S&P500種株価指数を含めた主要3指数がそろって5日連続で最高値を更新した。

 なお、15日は、イエレンFRB議長の下院での議会証言で、年前半の利上げ観測が強まったことも好材料視された。このように日本株投資を取り巻く環境は良好だ。

 まず、東京コスモス電機(6772)は、2月10日、トヨタ自動車(7203)の車両に搭載される予防安全支援装置に装着される車載フィルムヒーターを新規に受注し、量産を開始したことを発表した。これが注目ポイント。これは、トヨタ車の予防安全支援装置に装着し、運転席カメラの曇りや凍結を防ぎ、視野を確保することで衝突防止ブレーキシステムの正確な動作をアシストする。なお、2018年3月期以降の連結業績に与える影響は今年3月、「中期経営計画」において公表する予定。

 次に、モブキャスト(3664)は、16年12月期の連結最終赤字が、販管費の削減や為替換算調整勘定取崩益の計上で、前期実績よりも大幅に縮小して着地したことが注目ポイント。17年12月期については、ブラウザゲームについては、マイネット(3928)との共同運営の深耕によりさらなる効率化を進めていく。

 また、ネイティブゲームについては、現在開発中の「Project  LEGEND」「Project SM」「Project LIP」の配信の開始を予定。海外事業については、自社開発ゲームのライセンスアウトを進めるとともに、海外パートナー企業と共同で国内有力IPを用いた新規タイトルの開発および配信を進めるという。

 そして、アスカネット(2438)は、エアリアルイメージング事業(AI事業)において、エアリアルイメージングプレート(AIプレート)の販売サイトを2月13日にオープンした。これが注目ポイント。

 同社はこれまで、BtoBの客に対し、対面にてAIプレートを販売していたが、ネットでも気軽に購入したいという要望を受け、このたびAIプレートの販売サイトをオープンした。また、2月3日開催の取締役会において、ユニロボット株式会社と資本業務提携を行うことを決議した。これも注目材料だ。 (株式会社カブ知恵 代表取締役・藤井英敏)

「いま仕込んでおくべき10倍株、教えます!」 朝香友博著(インプレス 1,490円税込)


画像



いま仕込んでおくべき10倍株、教えます! 【袋とじ付き 10倍株特選3銘柄】
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
2017-02-13
朝香 友博

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by いま仕込んでおくべき10倍株、教えます! 【袋とじ付き 10倍株特選3銘柄】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



いま仕込んでおくべき10倍株、教えます! [ 朝香友博 ]
楽天ブックス
朝香友博 クロスメディア・パブリッシング インプレスBKSCPN_【bookーfestivalーth


楽天市場 by いま仕込んでおくべき10倍株、教えます! [ 朝香友博 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


商品基本情報
発売日: 2017年02月09日頃
著者/編集: 朝香友博
発行元: クロスメディア・パブリッシング
発売元: インプレス
サイズ: 単行本
ページ数: 191p
ISBNコード: 9784295400561

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
初公開!10倍株の新法則。5年で9つの10倍株を的中させたアナリストは企業の何を見ているのか?

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 2017年以降は、こうなる!
トランプ大統領就任で今後も株の上昇は続くのか?
FRB1年ぶりの利上げ!イエレン議長の明るい経済見通し ほか
第2章 いま仕込んでおくべき10倍株10選
10倍株の新法則で発掘した厳選10銘柄
袋とじ 10倍株特選3銘柄 ほか
第3章 今日からできる10倍株の見つけ方
5年で9つの10倍株を的中させたアナリストの4つの視点とは?
10倍株の新法則!5つの特徴と15のチェック・ポイント ほか
第4章 安く買って高く売る10倍株投資のやり方
10倍株売買の基本スタンスとは?
初級編たった1つの「大化け加速サイン」を見逃すな ほか

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
朝香友博(アサカトモヒロ)
産業・成長企業アナリスト/投資家。投資ブロマガランキング1位を獲得したブログ「『大化け株投資』のすすめ」を主宰。見本市を中心に累計2000社の市場開拓支援・投資を行ってきた経験を活かし、次々と成長株を発掘。独自の法則で30倍、20倍を含め10の10倍株をヒットさせた実績を持つ。立教大学法学部卒業後、「未来トレンドの先読み」のために国会議員秘書、上海交通大学留学を経験。その後、産業の未来を創る国際見本市に触れ、米国の産業PR会社に入社。著書に『[テンバガー]10倍株で勝つ』『10年目線で買っていい株買ってはいけない株』『大化け株サイクル投資術』(アールズ出版)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)