日経ヘイキンズ ITバブル崩壊で大型補強が大失敗の過去

日経ヘイキンズ ITバブル崩壊で大型補強が大失敗の過去
NEWSポストセブン2017.02.21 07:00

http://www.news-postseven.com/archives/20170221_494781.html?PAGE=1#container


画像

【ITバブル崩壊で補強失敗の過去も】

 2月14日、株式市場に激震が走った。東芝が米原子力事業で発生した損失によって債務超過に転落していることが発覚し、同日に予定されていた決算発表(2016年4~12月期)は延期。翌日の東芝の株価は一時、前日比13%安まで急落した。3月末での債務超過も避けられず、東証1部から2部への「格下げ」が確実視されている。この事態をフィスコの株式・為替アナリストの田代昌之氏はこう評す。

「これまでに何度も故障(損失)を隠してマウンドに上がっては大炎上を繰り返してきた投手が、また同じ失敗をやらかした。これじゃあ、“球団”としても戦力外にして放出せざるを得ないのではないか」

 田代氏がここでいう“球団”とは「日経ヘイキンズ」のことを指す。本誌でも何度か取り上げてきた、「日経平均株価の動きをプロ野球チームにたとえてみる」という“修辞法”である。

 もともとは日経平均が年初から5営業日連続で下落した2016年1月8日、ネット上に〈日経ヘイキンズ 開幕5連敗〉という書き込みがあったのがきっかけで広まった表現方法だ。たとえば、取引開始直後から日経平均が大きく上げれば「序盤から大量リード」などと表現し、相場の動きをわかりやすく、臨場感を持って伝えることができる。

 この日経ヘイキンズの所属選手は、1部上場企業の中から選ばれた225銘柄。田代氏が「放出」という言葉を使ったことからわかるように、日経ヘイキンズには選手の入れ替えがある。毎年10月の定期入れ替えでは新加入の移籍組に注目が集まるのが恒例で、最近では楽天(2016年10月)や大塚ホールディングス(2017年1月)が加入した。

 絶不調に陥りチームを去る選手もいる。2016年8月にはかつて打線の主軸だったシャープが台湾リーグに移った(鴻海精密工業が買収)。

 放出と補強を並行して行ない、常に選手数を225に保つのがヘイキンズの球団規約だ。

「225人のメンバーは日本経済新聞社がフロント陣として“日本の株価指標にふさわしい代表的な銘柄”を独自に選出します。選手の入れ替えによって当然、チーム力(平均株価)は変わります。ただし、非公開の部分を含む複雑な計算式が存在するので、補強が成功してチーム力が上がるかはフタをあけてみないとわからない」(田代氏)

 日経ヘイキンズには、大型補強が大失敗に終わった苦い過去もある。

「ITバブル真っ盛りだった2000年、“今の日本はハイテク株を入れなければ意味がない”ということで、一気に30銘柄ほどのハイテク株中心のメンバーを入団させた。ところがその途端にITバブルが崩壊。株価は2万円を割り込み、ヘイキンズは連敗街道を突き進んだ」(ケイ・アセット代表の平野憲一氏)

 この後、ヘイキンズの戦績が2万円を回復するまでに15年を要した。

※週刊ポスト2017年3月3日号


週刊ポスト 2017年 3/3 号 [雑誌]
小学館
2017-02-20

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 週刊ポスト 2017年 3/3 号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



週刊ポスト 2017年3月3日号【雑誌】【2500円以上送料無料】
オンライン書店boox
出版社小学館発行年月日2017年02月20日雑誌JANコード4910200510376雑誌版型B54


楽天市場 by 週刊ポスト 2017年3月3日号【雑誌】【2500円以上送料無料】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「うねりチャート底値買い投資術」 上岡 正明著(ダイヤモンド社 1,512円税込)


画像


1日5分、週末15分あればOK。
リスクを抑えながら儲けられるシンプルな方法。

うねりチャートとは、一定の幅で上下動を繰り返す銘柄のこと。

このうねりチャートの株をできるだけ底値付近で何回かに分けて買い、高値に近づいたら売る、を繰り返すだけ。
低成長下でも株で1億円を儲けた著者がはじめて明かす! ちょっと地味だけど実はスゴイ投資術。
株で勝つために必要な知識とポイントが最短で学べます。

【本書の内容】
はじめに
第1章 株で失敗を繰り返していた私がたった5年で1億円を稼げた理由
第2章 株で億万長者になるためのルールとパターンを知る
第3章 儲かる投資家になるための6つの基本知識
第4章 株の勝者だけが知っている勝利の方程式をマスターしよう
第5章 勝つ投資家になりたかったら銘柄をロックオンしなさい
第6章 リスクマネジメントで大切な資産を守る
おわりに

【内容情報】(出版社より)
1日5分、週末15分あればOK。忙しいあなたにもできる究極の投資術。低成長下でも株で1億円を儲けた著者がはじめて明かす、ちょっと地味だけど実はスゴイ投資術。
株で勝つために必要な知識とポイントが、最短で学べる。


うねりチャート底値買い投資術―――100万円から始めて1億円を稼ぐ!
ダイヤモンド社
上岡 正明

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by うねりチャート底値買い投資術―――100万円から始めて1億円を稼ぐ! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



うねりチャート底値買い投資術 [ 上岡 正明 ]
楽天ブックス
上岡 正明 ダイヤモンド社BKSCPN_【bookーfestivalーthr】 発行年月:2016年


楽天市場 by うねりチャート底値買い投資術 [ 上岡 正明 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


商品基本情報
発売日: 2016年12月16日
著者/編集: 上岡 正明
出版社: ダイヤモンド社
サイズ: 単行本
ページ数: 240p
ISBNコード: 9784478100981

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
低成長下でも株で1億円を儲けた著者がはじめて明かす!1日5分、週末15分あればOK。リスクを抑えながら儲けられるシンプルな方法。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 株で失敗を繰り返していた私がたった5年で1億円を稼げた理由/第2章 株で億万長者になるためのルールとパターンを知る/第3章 儲かる投資家になるための6つの基本知識/第4章 株の勝者だけが知っている勝利の方程式をマスターしよう/第5章 勝てる投資家になりたかったら銘柄をロックオンしなさい/第6章 リスクマネジメントで大切な資産を守る

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
上岡正明(カミオカマサアキ)
株式会社フロンティアコンサルティング代表取締役。1975年生まれ。放送作家を経て、27歳で戦略PR、ブランド構築、マーケティングのコンサルティング会社を設立し、独立。現在まで14年間、実業家として会社を経営する。多摩大学大学院経営情報学研究科(MBAコース)在籍中。学校法人バンタンJカレッジ客員講師、日本マーケティング学会会員、日本神経心理学会会員、一般社団法人日本行動分析学会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0