【ドル円週間見通し】 米税制改革への期待がドルを下支え

【ドル円週間見通し】米税制改革への期待がドルを下支え
NEWSポストセブン2017.02.12 16:00

http://www.news-postseven.com/archives/20170212_492735.html

 投資情報会社・フィスコ(担当・小瀬正毅氏)が2月6日~2月10日のドル・円相場の見通しを解説する。

 * * *
 今週のドル・円はやや強含みか。トランプ政権による米国経済への刺激策に期待が高まり、ドルは買われやすい地合いとなりそうだ。ただ、政策内容が想定内の場合は主要通貨に対するドル売りがやや強まる展開が予想される。

 報道によると、トランプ大統領は数週間以内に税制改革案(減税策など)を提示する意向だ。市場では米国経済へのテコ入れ策への期待が広がっており、目先のドル買い地合いは続くだろう。ただし、詳細は明らかにされていないため、政策内容が市場の高い期待を上回るかどうか、定かではないとの意見もある。

 トランプ政権による国内経済の刺激策はドル上昇につながる可能性はあるが、トランプ大統領は特定の対米貿易黒字国による通貨安政策を批判しており、過度のドル高を牽制している。10日の日米首脳会談の結果を見極める必要はあるが、日米首脳会談後にドル高・円安が急速に進行するとの見方は少ないようだ。

【イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言】(14日、15日開催予定)
 14日と15日にイエレンFRB議長は米上下院で議会証言を行う。3月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で追加利上げが決定される可能性は低いとみられているが、金利見通しに関する議長の見解が注目される。トランプ政権の経済政策の詳細は明らかになっていないが、拡張的な財政政策はインフレ見通しに影響を与えるとの見方が示された場合、金利先高観が強まりドル買い材料になる。

【米・1月消費者物価指数(CPI)】(15日発表予定)
 15日発表の12月消費者物価コア指数(コアCPI)は前年比+2.2%と、上昇率は12月実績と同水準になると予想されている。ただし、予想通りでも2017年6月、9月、12月に計3回の利上げを行うことは可能とみられており、ドル買い要因となろう。

・2月13日-17日に発表される主要経済指標の見通しについては以下の通り。

○(日)10-12月期国内総生産(GDP)一次速報値 13日(月)午前8時50分発表予定
・予想は、前期比年率+1.1%
 2016年10-12月期実質GDP速報値は、前期比年率で1%台の成長が予想されており、成長率は4四半期連続で増加する見込み。7-9月期に続いて外需主導の経済成長が記録されたとみられる。設備投資の伸びもプラスになったと推測されるが、民間消費と住宅投資の伸びは7-9月期との比較でやや低下した可能性がある。公的固定資本形成の落ち込みも予想されており、内需はややさえない状況だった可能性がある。

○(米)1月消費者物価コア指数 15日(水)午後10時30分発表予定
・予想は、前年比+2.2%
 参考となる12月実績は+2.2%で予想通りだった。1月については家賃の上昇が続いていることから、インフレ率は12月実績と同水準になる見込み。ただし、賃金上昇はやや抑制されており、現状ではインフレ加速の可能性は低下しつつある。

○(米)1月小売売上高 15日(水)午後10時30分発表予定
・予想は、前月比+0.1%
 参考となる12月実績は前月比+0.6%で市場予想の+0.7%程度をやや下回った。自動車とガソリンを除く数字は横ばい。12月の数字は強い内容とは言えなかった。1月については雇用情勢の改善が続いていることから、プラスとなる見込みだが、賃金上昇率は鈍化しており、小売売上高の伸びは大幅に鈍化する可能性が高い。

○(米)1月鉱工業生産 15日(水)午後11時15分発表予定
・予想は、前月比0.0%
 参考となる12月実績は前月の改定値から0.8%上昇。上昇率は市場を上回った。電気・ガスが前月比6.6%上昇し、全体を押し上げた。製造業は+0.2%、鉱業は横ばいだった。1月については、製造業と鉱業の伸びが予想されるが、そのほかの分野では横ばいが予想されるため、全体的には小幅な増加にとどまる見込み。市場予想は妥当か。

○(米)1月住宅着工件数 16日(木)午後10時30分発表予定
・予想は、123万戸
 参考となる12月実績は122.6万戸となり、前月比+11.3%。市場予想を上回った。一戸建ての販売件数は減少したが、集合住宅は急増した。1月については、12月の建設許可件数が122.8万戸となっていることから、12月実績をやや下回る可能性がある。

○主な経済指標の発表予定は、14日(火):(米)1月生産者物価指数、15日(水):(米)2月NY連銀製造業景況指数、(米)12月企業在庫、(米)12月ネット長期TICフロー、16日(金):(米)2月フィラデルフィア連銀景況調査、17日(金):(米)1月景気先行指数

【予想レンジ】
・米ドル/円:112円00銭-116円00銭


ダイヤモンドZAI(ザイ) 2017年 04 月号 [雑誌]
ダイヤモンド社
2017-02-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ダイヤモンドZAI(ザイ) 2017年 04 月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ダイヤモンド ZAi (ザイ) 2017年 4月号 / ダイヤモンド ZAi編集部 【雑誌】
ローチケHMV 2号店
基本情報ジャンル雑誌(情報)フォーマット雑誌出版社ダイヤモンド社発売日2017年02月ISBN159


楽天市場 by ダイヤモンド ZAi (ザイ) 2017年 4月号 / ダイヤモンド ZAi編集部 【雑誌】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ネットマネー 2017年 04 月号 [雑誌]
日本工業新聞社
2017-02-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ネットマネー 2017年 04 月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ネットマネー 2017年 04月号 [雑誌]
楽天ブックス
日本工業新聞社発売日:2017年02月21日 予約締切日:2017年02月06日 A4変 07245


楽天市場 by ネットマネー 2017年 04月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



日経マネー 2017年 04 月号 [雑誌]
日経BPマーケティング
2017-02-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日経マネー 2017年 04 月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0