【私の相場観】  スマホの中身が変化 今中能夫  東京新聞2017年2月24日

【私の相場観】
スマホの中身が変化 今中能夫
東京新聞2017年2月24日

http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/market_outlook/list/CK2017022402000190.html

 スマートフォンで動画を扱う場面が増えている。これまでは文章や写真をSNSにアップするのが主流だったが、自分で撮った動画をアップする人が増えてきたためだ。スマホで映画、ドラマを見る人も多く、映画、ドラマをダウンロードできるサービスも出てきた。この結果、スマホのストレージメモリーが大容量化。数年前は64GBあれば十分だったが、今は128GB、256GBを選び、さらに有料のクラウドサービスに入る人も多くなった。スマホに保存しきれなくなった動画をクラウドに保存するのだ。

 このためストレージメモリーに使われる半導体の記憶装置であるNAND型フラッシュメモリーの市場が拡大している。データセンターでもNAND型フラッシュメモリーを組み合わせたSSDを使うケースが増加。東芝はNAND型フラッシュメモリーの世界2位のメーカー。上場廃止リスクのある会社が株式市場で注目されている理由がフラッシュメモリーの将来性といえる。

 スマホでの動画の普及はさまざまな変化を引き起こしている。スマホのカメラが重要になっており、ソニーの高性能イメージセンサの出荷が好調になってきた。アルプス電気のスマホカメラ用アクチュエーターの将来性も大きい。
 動画の伝送には通信の高速大容量化が必要になる。村田製作所は通信系電子部品の大手。動画を見るためディスプレーが大型化、電力消費も多くなるためTDKが手掛けているスマホ用電池も重要である。(楽天証券アナリスト)

「日本株 独学で60万円を7年で3億円にした実践投資法」 堀哲也著(日本実業出版社 1,512円税込)


画像


【内容情報】(出版社より)
株式投資で1500万円まで増やした資金を、リーマンショックで60万円まで減少させた投資家が、独学で3億円にまで増やした手法を紹介。プレイヤーの心理を読んで株価予想の精度を上げる手法、ヤフー掲示板で情報をひろう等、その方法は地味で泥臭い。しかし、実践的かつ実用的、そして「取扱厳重注意」の投資ノウハウを公開します。


日本株 独学で60万円を7年で3億円にした実践投資法
日本実業出版社
堀 哲也

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本株 独学で60万円を7年で3億円にした実践投資法 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



日本株 独学で60万円を7年で3億円にした実践投資法 [ 堀哲也 ]
楽天ブックス
堀哲也 日本実業出版社BKSCPN_【bookーfestivalーthr】 発行年月:2016年12


楽天市場 by 日本株 独学で60万円を7年で3億円にした実践投資法 [ 堀哲也 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


商品基本情報
発売日: 2016年12月27日
著者/編集: 堀哲也
出版社: 日本実業出版社
サイズ: 単行本
ISBNコード: 9784534054586

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
上方修正が期待できる銘柄を選び出す法、投資候補の銘柄を一瞬で選別する独自のやり方、売り買いのタイミングをはかる考え方、サラリーマンでもできるデイトレ手法、資産3億円を目指すための自己コントロールーなど、誰でもアクセスできる情報から大化け銘柄を見つけ出す!何十倍の資産づくりを目指す、上がる「きっかけ」のある銘柄の選び方・買い方・売り方。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 資産3億円を目指すための投資戦略
第2章 成功する人は他の投資家が買いたくなる銘柄を先に買っている
第3章 投資すべき銘柄の選び方
第4章 会社の業績を一瞬で判断するための最重要ポイント
第5章 他の投資家の心理を読めば勝てる!
第6章 成功率を大きく高める売買タイミング
第7章 資産3億円を達成するために必要な自己コントロール
第8章 資産を大きく増やした実践投資法を公開

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
堀哲也(ホリテツヤ)
日本株式専門投資家。7年間で60万円の資産を3億円に増大させた日本株式専門の投資家。1971年生まれ。名古屋大学理学部数学科卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)