【トラトラ株】 「テラ」再生・細胞医療に注目、子会社が治験製品製造施設を設置

【トラトラ株】
「テラ」再生・細胞医療に注目、子会社が治験製品製造施設を設置 「リアルコム」アジアでの太陽光事業の成長期待
ZAKZAK2017.02.27

http://www.zakzak.co.jp/economy/investment/news/20170227/inv1702270830002-n1.htm

 「トランプラリー」が継続し、米国株式市場が強い動きを続けている。しかし、外国為替市場でドル高・円安が進まないため、日経平均の上値が重い状況が継続している。ただし、中小型株は強い動きとなっている。

 例えば、22日の日経ジャスダック平均株価は9日続伸、前日比7円21銭高の2966円29銭と、連日で昨年来高値を更新している。とりわけ、値動きの軽い直近IPO銘柄中心に、非常に強い動きになっている。このような投資環境下、信用取引などを活用し、短期売買を積極的に行う、アクティブ個人の相場の体感温度は非常に高い状況だ。

 まず、テラ(2191)は、連結子会社テラファーマが、和歌山県立医科大学が行う樹状細胞ワクチンTLP0-001の医師主導治験について、治験製品を製造するための施設をライフイノベーションセンターに設置した。これが注目ポイント。施設の特徴は、ロボット化および自動化、ならびにIoT化を計画し、これによって、細胞製品の製造コストが抑えられ、面積当たりの製造数も飛躍的に向上する。テラファーマは本施設において、樹状細胞ワクチンの製造を行う計画。なお、ライフイノベーションセンターは、神奈川県が整備した再生・細胞医療の実用化・産業化拠点。

 次に、リアルコム(3856)は、太陽光事業のアジアでの成長が注目ポイント。同社の連結子会社のWWB株式会社は、ベトナムヘのメガソーラー発電事業の展開を図るAlphanam社および神宮館と今後の事業展開に関する方向性が一致したことから、3社共同出資により合弁会社を設立した。まず約100ヘクタールの土地にメガソーラー発電所を開発・建設し、メガソーラー発電事業を積極的に展開。将来的には、ベトナムヘのメガソーラー発電市場への参人を契機として、他の東南アジア諸国へのメガソーラー発電市場への参入の実現可能性がより一層高まることが期待されるという。

 そして、マーチャント・バンカーズ(3121)は、不動産や投融資を含む金融業または商業施設運営への仮想通貨による決済などの展開をワールドワイドに展開を行うべく、戦略的事業パートナーとして、BTCボックス社株式を取得の上、BTC社が行う仮想通貨事業における資本業務提携を行うことにつき、基本的な合意をした。これが注目ポイント。

 BTC社は、「BTCBOX」の名称でビットコインをはじめとした仮想通貨を取り扱う取引所の運営会社。BTC社は応用可能なブロックチェーンの根幹技術を保有しており、技術力や運営の水準も高く、ビットコイン取引所で国内第2位の運営会社。 (株式会社カブ知恵 代表取締役・藤井英敏)

「いま仕込んでおくべき10倍株、教えます!」 朝香友博著(インプレス 1,490円税込)


画像



いま仕込んでおくべき10倍株、教えます! 【袋とじ付き 10倍株特選3銘柄】
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
2017-02-13
朝香 友博

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by いま仕込んでおくべき10倍株、教えます! 【袋とじ付き 10倍株特選3銘柄】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



いま仕込んでおくべき10倍株、教えます! [ 朝香友博 ]
楽天ブックス
朝香友博 クロスメディア・パブリッシング インプレスBKSCPN_【bookーfestivalーth


楽天市場 by いま仕込んでおくべき10倍株、教えます! [ 朝香友博 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


商品基本情報
発売日: 2017年02月09日頃
著者/編集: 朝香友博
発行元: クロスメディア・パブリッシング
発売元: インプレス
サイズ: 単行本
ページ数: 191p
ISBNコード: 9784295400561

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
初公開!10倍株の新法則。5年で9つの10倍株を的中させたアナリストは企業の何を見ているのか?

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 2017年以降は、こうなる!
トランプ大統領就任で今後も株の上昇は続くのか?
FRB1年ぶりの利上げ!イエレン議長の明るい経済見通し ほか
第2章 いま仕込んでおくべき10倍株10選
10倍株の新法則で発掘した厳選10銘柄
袋とじ 10倍株特選3銘柄 ほか
第3章 今日からできる10倍株の見つけ方
5年で9つの10倍株を的中させたアナリストの4つの視点とは?
10倍株の新法則!5つの特徴と15のチェック・ポイント ほか
第4章 安く買って高く売る10倍株投資のやり方
10倍株売買の基本スタンスとは?
初級編たった1つの「大化け加速サイン」を見逃すな ほか

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
朝香友博(アサカトモヒロ)
産業・成長企業アナリスト/投資家。投資ブロマガランキング1位を獲得したブログ「『大化け株投資』のすすめ」を主宰。見本市を中心に累計2000社の市場開拓支援・投資を行ってきた経験を活かし、次々と成長株を発掘。独自の法則で30倍、20倍を含め10の10倍株をヒットさせた実績を持つ。立教大学法学部卒業後、「未来トレンドの先読み」のために国会議員秘書、上海交通大学留学を経験。その後、産業の未来を創る国際見本市に触れ、米国の産業PR会社に入社。著書に『[テンバガー]10倍株で勝つ』『10年目線で買っていい株買ってはいけない株』『大化け株サイクル投資術』(アールズ出版)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)