二子玉川証券研究会

アクセスカウンタ

zoom RSS 【日本株週間見通し】 東芝問題の影響で個人マネー中小型株へ

<<   作成日時 : 2017/02/20 16:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【日本株週間見通し】東芝問題の影響で個人マネー中小型株へ
NEWSポストセブン2017.02.19 16:00

http://www.news-postseven.com/archives/20170219_494695.html

 投資情報会社・フィスコ(担当・村瀬智一氏)が、株式市場の2月13日〜2月17日の動きを振り返りつつ、2月20日〜2月24日の相場見通しを解説する。

 * * *
 先週の日経平均は下落。週初こそ、前週末の大幅上昇の流れを受けて、節目の19500円を回復する場面をみせた。連日で最高値を更新するNYダウや原油相場の上昇が好感されたほか、日米首脳会談では、日本が名指しで通貨安誘導と批判されることはなかったため、円相場の落ち着きが好感された。その後はイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長証言に市場の関心が移るなか、注目された内容は「利上げを先送りするのは賢明でない」とし、「インフレ率や労働市場の改善が進めば、更なる利上げが必要になる」との認識を示した。利上げ観測の拡大を受け、金融セクター中心に幅広い銘柄に買いが先行する場面もみられた。

 しかし、東芝<6502>の決算発表の1か月延期、3月末での債務超過への可能性から最悪の場合は東証2部降格が警戒されやすい状況に。これが、機関投資家の保有株放出、ヘッジ対応で先物への売り圧力が強まる格好となり、さらにインデックス売りを誘発することになる。

 需給不安が強まりやすいなか、指数インパクトの大きい値がさ株などには断続的な売りが出ており、これが日経平均を押し下げる一因となった。その他、就任前のロシア大使との接触問題で、トランプ米大統領の国家安全保障担当補佐官を務めるマイケル・フリン氏が、13日に辞任するなど、トランプ政権への政策実行力への不安も積極的な売買を手控えさせたようだ。

 今週も基本的には膠着感の強い相場展開が続きそうである。早ければ3月にも利上げする可能性があるというイエレンFRB議長の議会証言でのメッセージは、他の地区連銀総裁が14日から15日にかけて一斉に同様の見解を示したことでいっそう現実味が増してきている。22日に米FOMC議事録が公表されるため、この内容を受けて、より3月利上げに思惑が強まる可能性がありそうだ。

一方で、トランプ大統領と議会がどのような政策で景気を刺激するのかが不透明なため、政策待ちとなる。2月中に発表されることから、発表までは様子見姿勢に向かいやすいだろう。市場は期待以上に織り込んでいるとみており、発表後は失望につながるとの見方がコンセンサスのようである。とはいえ、連日で最高値を更新している米国市場については、良好な需給状況のなか、直ぐさまトレンドが崩れることはないだろう。

 一方で日本については東芝問題による需給面による影響が続くことになりそうだ。今週を通過すればもう3月に入る。決算期末を意識した中では積極的なポジションは取れないだろう。そのため、物色の流れは、個人主体によるインデックスに振らされ難い中小型株にシフトしやすい。その他、リバランスの流れから、利食いに対して、売り込まれていた銘柄へのショートカバーが入りやすくなりそうだ。

「日本株 独学で60万円を7年で3億円にした実践投資法」 堀哲也著(日本実業出版社 1,512円税込)


画像


【内容情報】(出版社より)
株式投資で1500万円まで増やした資金を、リーマンショックで60万円まで減少させた投資家が、独学で3億円にまで増やした手法を紹介。プレイヤーの心理を読んで株価予想の精度を上げる手法、ヤフー掲示板で情報をひろう等、その方法は地味で泥臭い。しかし、実践的かつ実用的、そして「取扱厳重注意」の投資ノウハウを公開します。


日本株 独学で60万円を7年で3億円にした実践投資法
日本実業出版社
堀 哲也

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本株 独学で60万円を7年で3億円にした実践投資法 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



日本株 独学で60万円を7年で3億円にした実践投資法 [ 堀哲也 ]
楽天ブックス
堀哲也 日本実業出版社BKSCPN_【bookーfestivalーthr】 発行年月:2016年12


楽天市場 by 日本株 独学で60万円を7年で3億円にした実践投資法 [ 堀哲也 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


商品基本情報
発売日: 2016年12月27日
著者/編集: 堀哲也
出版社: 日本実業出版社
サイズ: 単行本
ISBNコード: 9784534054586

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
上方修正が期待できる銘柄を選び出す法、投資候補の銘柄を一瞬で選別する独自のやり方、売り買いのタイミングをはかる考え方、サラリーマンでもできるデイトレ手法、資産3億円を目指すための自己コントロールーなど、誰でもアクセスできる情報から大化け銘柄を見つけ出す!何十倍の資産づくりを目指す、上がる「きっかけ」のある銘柄の選び方・買い方・売り方。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 資産3億円を目指すための投資戦略
第2章 成功する人は他の投資家が買いたくなる銘柄を先に買っている
第3章 投資すべき銘柄の選び方
第4章 会社の業績を一瞬で判断するための最重要ポイント
第5章 他の投資家の心理を読めば勝てる!
第6章 成功率を大きく高める売買タイミング
第7章 資産3億円を達成するために必要な自己コントロール
第8章 資産を大きく増やした実践投資法を公開

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
堀哲也(ホリテツヤ)
日本株式専門投資家。7年間で60万円の資産を3億円に増大させた日本株式専門の投資家。1971年生まれ。名古屋大学理学部数学科卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
【日本株週間見通し】 東芝問題の影響で個人マネー中小型株へ 二子玉川証券研究会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる