【私の相場観】 世界的競争力の判断  下村皎史 (ファンド・マネジャー) 東京新聞2017年3月2日

【私の相場観】
世界的競争力の判断 下村皎史 (ファンド・マネジャー)
東京新聞2017年3月2日

http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/market_outlook/list/CK2017030202000202.html

 世界の株価を見ると米、英、カナダなどが過去最高値を更新し、ドイツやインドなどはあと少しで過去最高値を更新する。世界の株式は強気相場と見える。

 一方、過去に歴史的大バブルを引き起こした日本と中国の株価水準は過去最高値の半分程度に止まっている。いかに日本と中国のバブル経済が大きかったかを示している。

 さて、日中以外の株価が高値にある要因は、やはり世界景気が良くなっているからだといえる。PMIという景気を示す指標は日米欧中ともに上昇している。特に米国は世界に先駆けて金利の引き上げをする構えを見せ、さらに減税など景気刺激政策をとる可能性が出ている。

 トランプ氏の政策については危うさもあるが、米国景気の強さを軽く見ることもできない。そして、米国のように人口が増える国と、日本のように高齢化で人口が減る国とでは異なる。世界の経済的覇権の行方は、やはり各国の産業界、企業の盛衰に左右される。日本の産業界は今後どの程度競争力を維持できるだろうか。

 日本のエレクトロニクス業界が競争力を失った現在、自動車業界の行方は、大げさに言えば日本の将来を左右する。

 日本の株価を左右する経済の成長はひとえに産業界の競争力がどうなるか、そのための人材がどのように力を発揮できる社会になるのかが問われる。

 株式投資の基本は、日本企業がどれだけの世界的競争力を持っているかを判断することだ。

「低位株待ち伏せ投資」 吉川 英一著(ダイヤモンド社 1,512円税込)


画像


【内容情報】(出版社より)
値動きの大きい低位株は、まさに個人投資向けの銘柄。安値を狙って買い、値上がりするのを待つ「待ち伏せ投資法」こそ、効率よく儲けられる手法といえる。待ち伏せ投資に必要なメンタルの鍛え方、資産を減らさないノウハウなど、億トレーダーを目指すノウハウを凝縮。定期的に爆上げする「厳選12銘柄」も見逃せない。





低位株待ち伏せ投資 [ 吉川 英一 ]
楽天ブックス
吉川 英一 ダイヤモンド社BKSCPN_【bookーfestivalーthr】 発行年月:2016年


楽天市場 by 低位株待ち伏せ投資 [ 吉川 英一 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


商品基本情報
発売日: 2016年12月09日
著者/編集: 吉川 英一
出版社: ダイヤモンド社
サイズ: 単行本
ISBNコード: 9784478101667

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
低位株一筋30年、メンタルを鍛えて勝率8割超のトレード術。機関投資家、外国人など誰も見向きもしないお宝銘柄を発掘する!マル秘何度も爆上げする厳選!12銘柄。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 マイナス金利導入で株バブルがやってくる
第2章 なぜ低位株の待ち伏せ投資が億トレーダーへの近道なのか
第3章 株で勝てないのには理由がある
第4章 株で儲けるためのメンタルトレーニング
第5章 倍増期待の低位株発掘法
第6章 東証2部は株価倍増銘柄の宝庫

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
吉川英一(ヨシカワエイイチ)
個人投資家。マネー誌などで指南役として活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

電子書籍


低位株待ち伏せ投資【電子書籍】[ 吉川英一 ]
楽天Kobo電子書籍ストア
値動きの大きい低位株は、まさに個人投資家向けの銘柄。安値を狙って買い、値上がりするのを待つ「待ち伏せ


楽天市場 by 低位株待ち伏せ投資【電子書籍】[ 吉川英一 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル