【ドル円週間見通し】 3月利上げを想定したドル買い継続へ

【ドル円週間見通し】3月利上げを想定したドル買い継続へ
NEWSポストセブン2017.03.05 16:00

http://www.news-postseven.com/archives/20170305_498791.html

 投資情報会社・フィスコ(担当・小瀬正毅氏)が3月6日~3月10日のドル・円相場の見通しを解説する。

 * * *
 今週のドル・円はやや強含みか。今月14-15日開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)に向け、連邦準備制度理事会(FRB)の当局者は利上げに前向きな見解を相次いで示しており、10日発表の2月米雇用統計が市場予想に沿った内容だった場合、3月利上げ期待は一層高まりそうだ。市場コンセンサスである年3回の利上げの可能性も高まり、ドル買いが強まることが予想される。NYダウは21000ドルの大台を超えるなど米国株の上昇基調が続いており、ドルを押し上げる見通し。

 一方、今月15日投開票のオランダ総選挙を控え、欧州政治リスクが浮上しやすく、ユーロ安・円高が急速に進んだ場合、ドル・円相場は圧迫される可能性があることも想定しておきたい。また、2月22日に発表された1月31日-2月1日開催のFOMC(連邦公開市場委員会)議事要旨は、一部で予想されたほどタカ派寄りの内容ではなかったことから、リスク選好的なドル買いを弱める結果となった。

  トランプ政権による減税やインフラ投資などを柱とする景気刺激策の効果をすみやかに見極められない状況下で、FRB(連邦準備制度理事会)は早期追加利上げに踏み切れないとの慎重な見方も残されており、ドル上昇を抑える一因となる。

【日・10-12月期国内総生産(GDP)改定値】(8日発表予定)
 8日発表の10-12月期国内総生産(GDP)改定値は、前期比年率+1.6%と予想されている。改定値が予想を上回った場合、株高の要因となることから、リスク選好的な円売りが出やすい。

【米・2月雇用統計】(10日発表予定)
 10日発表の2月米雇用統計は、失業率4.7%、非農業部門雇用者数は前月比+18.5万人、平均時給は前月比+0.2%と予想されている。1月の雇用統計では失業率の上昇や平均時給の伸び率が鈍化し、ドル売り材料となった。2月については、非農業部門雇用者数は1月実績に届かないものの、平均時給の伸びは1月実績を上回ると予想されており、市場予想と一致した場合はドル買い材料となる。

・3月6日-10日に発表される主要経済指標の見通しについては以下の通り。

○(米)1月貿易収支 7日(火)午後10時30分発表予定
・予想は、-470億ドル
 参考となる12月実績は-443億ドルだった。輸出は前月比+2.7%、輸入は+1.5%となった。輸出増加で赤字幅は市場予想を下回った。1月についてはドル高の影響で資本財の輸出がやや伸び悩んでいる可能性があることから、12月実績との比較で赤字幅は拡大するとみられる。

○(日)10-12月期国内総生産改定値 8日(水)午前8時50分発表予定
・予想は、前期比年率+1.6%
 2016 年 10-12 月期の全産業(金融業、保険業除く)の設備投資(ソフトウェア除く)は製造業で大幅増加。非製造業も増えていることから、10-12月期GDP二次速報値(改定値)は上方修正される可能性が高い。製造業の利益増加などが関係しているものとみられる。

○(米)2月ADP雇用統計 8日(水)午後10時15分発表予定
・予想は、前月比+18.5万人
 参考となる1月実績は、前月比+24.6万人で市場予想を上回った。2月については、2月中の新規失業保険申請件数が減少していることや、製造業などにおける雇用拡大が期待されていることから、20万人近い増加となる可能性がある。

○(米)2月雇用統計 10日(金)午後10時30分発表予定
・予想は、非農業部門雇用者数は前月比+18.5万人、失業率は4.7%
 2月中旬における新規失業保険申請件数は24万件未満で1月同時期の実績を下回っていることから、非農業部門雇用者数は20万人程度増加してもおかしくない。失業率については労働参加率がやや低い水準にとどまっていることから、1月実績を0.1ポイント下回る可能性がある。

○主な経済指標の発表予定は、7日(火):(米)1月製造業受注指数、8日(水):(日)1月経常収支

【予想レンジ】
・米ドル/円:113円00銭-116円00銭

「日本株 独学で60万円を7年で3億円にした実践投資法」 堀哲也著(日本実業出版社 1,512円税込)


画像


【内容情報】(出版社より)
株式投資で1500万円まで増やした資金を、リーマンショックで60万円まで減少させた投資家が、独学で3億円にまで増やした手法を紹介。プレイヤーの心理を読んで株価予想の精度を上げる手法、ヤフー掲示板で情報をひろう等、その方法は地味で泥臭い。しかし、実践的かつ実用的、そして「取扱厳重注意」の投資ノウハウを公開します。


日本株 独学で60万円を7年で3億円にした実践投資法
日本実業出版社
堀 哲也

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本株 独学で60万円を7年で3億円にした実践投資法 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



日本株 独学で60万円を7年で3億円にした実践投資法 [ 堀哲也 ]
楽天ブックス
堀哲也 日本実業出版社BKSCPN_【bookーfestivalーthr】 発行年月:2016年12


楽天市場 by 日本株 独学で60万円を7年で3億円にした実践投資法 [ 堀哲也 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


商品基本情報
発売日: 2016年12月27日
著者/編集: 堀哲也
出版社: 日本実業出版社
サイズ: 単行本
ISBNコード: 9784534054586

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
上方修正が期待できる銘柄を選び出す法、投資候補の銘柄を一瞬で選別する独自のやり方、売り買いのタイミングをはかる考え方、サラリーマンでもできるデイトレ手法、資産3億円を目指すための自己コントロールーなど、誰でもアクセスできる情報から大化け銘柄を見つけ出す!何十倍の資産づくりを目指す、上がる「きっかけ」のある銘柄の選び方・買い方・売り方。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 資産3億円を目指すための投資戦略
第2章 成功する人は他の投資家が買いたくなる銘柄を先に買っている
第3章 投資すべき銘柄の選び方
第4章 会社の業績を一瞬で判断するための最重要ポイント
第5章 他の投資家の心理を読めば勝てる!
第6章 成功率を大きく高める売買タイミング
第7章 資産3億円を達成するために必要な自己コントロール
第8章 資産を大きく増やした実践投資法を公開

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
堀哲也(ホリテツヤ)
日本株式専門投資家。7年間で60万円の資産を3億円に増大させた日本株式専門の投資家。1971年生まれ。名古屋大学理学部数学科卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0