【株式フジ】 トランプの通商政策が厳しく迫る際の内需株 ニトリHD、しまむら、マツモトキヨシHD

【株式フジ】トランプの通商政策が厳しく迫る際の内需株 「ニトリHD」「しまむら」「マツモトキヨシHD」
ZAKZAK2017.04.07

http://www.zakzak.co.jp/economy/investment/news/20170407/inv1704071100002-n1.htm

 まずは当欄で上場前の3月9日に取り上げた「ファイズ(9325/3月15日上場)」が3月30日、3月31日、4月3日、4月4日と4営業日連続で(一時を含む)ストップ高となったことを報告させていただきます。同社はEC企業の物流センターの管理・配送を手掛け、アマゾンジャパンの物流の約13%のシェアを持つ企業です。私が目を付けたのはセカンダリー(上場後)市場での動きでした。3月16日に初値4010円を付けたあと、もみあう局面があったものの、その後ストップ高を連発! 高値8000円を超える水準まで上昇しました。これほどの動きをする銘柄はそうそうありません。

 それほどまでに物流大手ヤマトHDの人材不足=労働環境問題で改めて認知された物流業界の人手不足(≒業容拡大)は激しいということなのです。株価は世の中の動きを如実に表していくのです。今回の爆騰をモノにして、「これだから株式投資はやめられない!」と喜ぶ当欄読者は多かったのではないでしょうか?

 さて、足元の東京市場は弱含みの動きを続けています。この一番の要因は米国時間6~7日に開催される「米中首脳会談」で、トランプ米大統領が中国側に為替問題を持ち出し牽制(けんせい)、日本にも4月18日に開催される「日米経済対話」で具体的な要求をしてくるのではないかと投資家が疑心暗鬼になっていることです。つまり、まだ定まっていない「トランプ通商政策」に戦々恐々としているものです。

 トヨタ自動車をはじめとする大手自動車株が軒並み厳しい動きになっているのもそれが背景です。株式市場の動向は米中首脳会談の成り行きに委ねられることになります。「こうなるはずだ」と決めてかかることはできません。

 想定しておきたいのは、米トランプ政権の通商政策がいよいよ日本に対して厳しいものになったときの対応です。その時は「内需株」に資金がシフトすると思われます。かなりの勢いでそれが進むと思います。先取りするかのように家具・インテリアの「ニトリホールディングス(9843)」や、低価格ファッションの「しまむら(8227)」が高値を更新しています。この2銘柄は内需株物色の柱になりそうです。

 このほか、ドラッグストア大手の「マツモトキヨシホールディングス(3088)」、中華食堂「日高屋」を運営する「ハイデイ日高(7611)」もそれに次ぐ存在になりそうです。 (株式ジャーナリスト・天海源一郎)

「いま仕込んでおくべき10倍株、教えます!」 朝香友博著(インプレス 1,490円税込)


画像



いま仕込んでおくべき10倍株、教えます! 【袋とじ付き 10倍株特選3銘柄】
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
2017-02-13
朝香 友博

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by いま仕込んでおくべき10倍株、教えます! 【袋とじ付き 10倍株特選3銘柄】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



いま仕込んでおくべき10倍株、教えます! [ 朝香友博 ]
楽天ブックス
朝香友博 クロスメディア・パブリッシング インプレスBKSCPN_【bookーfestivalーth


楽天市場 by いま仕込んでおくべき10倍株、教えます! [ 朝香友博 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


商品基本情報
発売日: 2017年02月09日頃
著者/編集: 朝香友博
発行元: クロスメディア・パブリッシング
発売元: インプレス
サイズ: 単行本
ページ数: 191p
ISBNコード: 9784295400561

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
初公開!10倍株の新法則。5年で9つの10倍株を的中させたアナリストは企業の何を見ているのか?

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 2017年以降は、こうなる!
トランプ大統領就任で今後も株の上昇は続くのか?
FRB1年ぶりの利上げ!イエレン議長の明るい経済見通し ほか
第2章 いま仕込んでおくべき10倍株10選
10倍株の新法則で発掘した厳選10銘柄
袋とじ 10倍株特選3銘柄 ほか
第3章 今日からできる10倍株の見つけ方
5年で9つの10倍株を的中させたアナリストの4つの視点とは?
10倍株の新法則!5つの特徴と15のチェック・ポイント ほか
第4章 安く買って高く売る10倍株投資のやり方
10倍株売買の基本スタンスとは?
初級編たった1つの「大化け加速サイン」を見逃すな ほか

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
朝香友博(アサカトモヒロ)
産業・成長企業アナリスト/投資家。投資ブロマガランキング1位を獲得したブログ「『大化け株投資』のすすめ」を主宰。見本市を中心に累計2000社の市場開拓支援・投資を行ってきた経験を活かし、次々と成長株を発掘。独自の法則で30倍、20倍を含め10の10倍株をヒットさせた実績を持つ。立教大学法学部卒業後、「未来トレンドの先読み」のために国会議員秘書、上海交通大学留学を経験。その後、産業の未来を創る国際見本市に触れ、米国の産業PR会社に入社。著書に『[テンバガー]10倍株で勝つ』『10年目線で買っていい株買ってはいけない株』『大化け株サイクル投資術』(アールズ出版)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0