大化け株のヒント満載! 必読「投資に勝つ」新語集

大化け株のヒント満載! 必読「投資に勝つ」新語集
日刊ゲンダイ2017年5月5日

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/204711


画像

ソニー「プレステーションVR」/(C)日刊ゲンダイ

 5月以降の投資テーマは何か。これさえバッチリ押さえておけば値上がり株が見えてくる。

「最近は横文字ばかりが主要テーマで、何とも理解しにくい。ただし、分からないからといって無視してしまうと、儲けのチャンスを逃すことになります」(市場関係者)

 株式アナリストの櫻井英明氏が「投資に勝つ」ヒントをそっと教えてくれた。「内閣府の総合科学技術・イノベーション会議で出された『ターゲット領域検討に向けた全体俯瞰図』という一枚の資料は注目です。市場テーマになりそうな単語が並べられていて、材料のデパートといえます」

 資料はAI(人工知能)、IoT(モノのインターネット化)、ビッグデータの3大テーマを軸に、自動運転やセンシング(センサーを利用して音・光などを計測)などで構成されており、耳慣れない言葉も多い。

 ここに出てくる単語以外にも、株式市場でもてはやされる新語は数多く、市場関係者の間では当たり前のように飛び交う。大化け株を探すのに役立ちそうな新語をピックアップしてみた(ちょっとした具体例と関連銘柄付き)。

O2O

 オンライン・トゥー・オフライン。ネット上から実際の店舗などに誘導すること。スマホで居酒屋のネットクーポンをゲットして、リアル店舗で提示。「3000円も安くなった!」。関連銘柄はセレス(3696)

M2M

 マシン・トゥー・マシン。人が間に入らずに、機械と機械が通信し合う。湿度センサーが「乾燥している」と判断し、加湿器に連絡。報告を受けた加湿器は稼働を開始する。これならグッスリ眠っていても安心。ノドが痛くなることもなさそうだ。安川情報システム(2354)

ICT

 インフォメーション・アンド・コミュニケーション・テクノロジー。ITが情報技術だとすると、ICTは情報伝達技術と「伝達」が加わる。小学校の授業で電子黒板に「お城」の写真が映る。先生は「何というお城でしょうか」と質問し、しばらくしてから、「正解は熊本城です」と話すのと同時に、電子黒板に「熊本城」の文字。

 テレビのクイズ番組さながらの授業だ。チエル(3933)

MR

 ミクストリアリティー。AR(拡張現実)は「ポケモンGO」のようにスマホの画面上などにピカチューを重ねる技術。MR(複合現実)は、メガネをかけて周囲を見渡すと、現実世界のなかに立体的なピカチューが登場する感じ。空を見上げると、ポッポ(ひこうタイプのポケモン)が飛び、海のほうを見るとラプラス(みずタイプのポケモン)が泳いでいる……。キヤノン(7751)

AIチャットボット

「チャットボット」はチャットとロボットの造語で、AIを利用した自動会話システム。LINEの「ハズレない美味な店」(架空)と“友だち”になって、旅先の金沢で「地元の人が絶賛する海鮮丼を食べられる店は?」と打つと、「オススメは○×、金沢市青草町○○。人気ナンバーワンの海鮮丼は1900円だよ」と会話が成立する。サイバーエージェント(4751)

RFID

 レディオ・フリークエンシー・アイデンティフィケーション。無線ICタグのことで、コンビニなどの商品に取り付けると、自動レジで簡単に会計が可能になる。のり弁当とウーロン茶、ポテトチップスを買い物カゴに入れて、自動レジに進み、クレジットカードで精算。

 すでにローソン(2651)が大阪府の店舗で実験中だ。カーディナル(7855)。

Abexit

 アベグジット。英フィナンシャル・タイムズがブレグジット(英国のEU離脱)にひっかけ、安倍退陣をにおわせた造語。3月下旬に、森友問題が致命傷となり退陣するのではと報じた。

 その後、海外投資家を中心にアベグジットはくすぶり続けている。麻生フオームクリート(1730)

「いま仕込んでおくべき10倍株、教えます!」 朝香友博著(インプレス 1,490円税込)


画像



いま仕込んでおくべき10倍株、教えます! 【袋とじ付き 10倍株特選3銘柄】
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
2017-02-13
朝香 友博

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by いま仕込んでおくべき10倍株、教えます! 【袋とじ付き 10倍株特選3銘柄】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



いま仕込んでおくべき10倍株、教えます! [ 朝香友博 ]
楽天ブックス
朝香友博 クロスメディア・パブリッシング インプレスBKSCPN_【bookーfestivalーth


楽天市場 by いま仕込んでおくべき10倍株、教えます! [ 朝香友博 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


商品基本情報
発売日: 2017年02月09日頃
著者/編集: 朝香友博
発行元: クロスメディア・パブリッシング
発売元: インプレス
サイズ: 単行本
ページ数: 191p
ISBNコード: 9784295400561

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
初公開!10倍株の新法則。5年で9つの10倍株を的中させたアナリストは企業の何を見ているのか?

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 2017年以降は、こうなる!
トランプ大統領就任で今後も株の上昇は続くのか?
FRB1年ぶりの利上げ!イエレン議長の明るい経済見通し ほか
第2章 いま仕込んでおくべき10倍株10選
10倍株の新法則で発掘した厳選10銘柄
袋とじ 10倍株特選3銘柄 ほか
第3章 今日からできる10倍株の見つけ方
5年で9つの10倍株を的中させたアナリストの4つの視点とは?
10倍株の新法則!5つの特徴と15のチェック・ポイント ほか
第4章 安く買って高く売る10倍株投資のやり方
10倍株売買の基本スタンスとは?
初級編たった1つの「大化け加速サイン」を見逃すな ほか

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
朝香友博(アサカトモヒロ)
産業・成長企業アナリスト/投資家。投資ブロマガランキング1位を獲得したブログ「『大化け株投資』のすすめ」を主宰。見本市を中心に累計2000社の市場開拓支援・投資を行ってきた経験を活かし、次々と成長株を発掘。独自の法則で30倍、20倍を含め10の10倍株をヒットさせた実績を持つ。立教大学法学部卒業後、「未来トレンドの先読み」のために国会議員秘書、上海交通大学留学を経験。その後、産業の未来を創る国際見本市に触れ、米国の産業PR会社に入社。著書に『[テンバガー]10倍株で勝つ』『10年目線で買っていい株買ってはいけない株』『大化け株サイクル投資術』(アールズ出版)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0