市場は超強気モード プロが教える“2万円相場”で勝つ穴株

市場は超強気モード プロが教える“2万円相場”で勝つ穴株
日刊ゲンダイ2017年5月9日

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/204980


画像

しばらくは上昇傾向(C)日刊ゲンダイ

 株価2万円は通過点に過ぎない――。株式市場は超強気モードだ。

 GW明け直後の8日、日経平均は急騰し、約1年5カ月ぶりの高値水準で取引を終えた。一時は前週末比483円高となる1万9929円まで上昇し、2万円まで数十円に迫った。

「フランス大統領選を無事通過したことで、市場に安堵感が漂っています。6月の仏下院選挙や、北朝鮮問題など株価を左右する材料は多いですが、マーケットは悪材料に反応しにくくなっています。しばらくは上昇傾向が続くでしょう」(証券アナリスト)

 8日の東証1部の売買代金は昨年12月以来となる3兆円を超え、出来高は活況の目安となる20億株を軽く突破した。

■株価500円以下が狙い目

「この先、利益確定売りに押される場面はあるでしょうが、日経平均は15年6月の高値2万953円を目指すでしょう。相場全体が底上げされるので、東証1部でありながら、安値で放置されている銘柄の株高も期待できます。株価500円以下が“穴株”として狙い目です」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 PC(プレストレストコンクリート)橋に強みを持つ三井住友建設や、商業施設の駐車場などを手掛ける日本駐車場開発、海上土木を得意とする不動テトラなどの株価は500円以下だ(別表参照)。

「ステンレス関連の日本冶金工業や、曙ブレーキあたりは大化けする可能性を秘めています」(倉多慎之助氏)

 日本冶金は13年9月に株価400円を付けている。8日終値は214円なので、現在の水準から2倍も夢じゃない。曙ブレーキ(13年5月に582円)は1・5倍にハネ上がるかもしれない。

 株式評論家の杉村富生氏はこう言う。

「好業績企業をしっかり押さえるべきでしょう。伊藤ハム米久HDや、三菱自動車などです。海外投資家が大量買いしているほぼ日や、新エネルギーとして注目のメタンハイドレートに絡む日本海洋掘削など“元気印企業”にも爆上げ期待が持てます。現在の上昇相場は6月上旬まで続くと見ています。日経平均は2万2000~2万3000円を付けても不思議はありません」

 GWに使い過ぎた行楽費を取り戻すチャンス到来だ。

「いま仕込んでおくべき10倍株、教えます!」 朝香友博著(インプレス 1,490円税込)


画像



いま仕込んでおくべき10倍株、教えます! 【袋とじ付き 10倍株特選3銘柄】
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
2017-02-13
朝香 友博

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by いま仕込んでおくべき10倍株、教えます! 【袋とじ付き 10倍株特選3銘柄】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



いま仕込んでおくべき10倍株、教えます! [ 朝香友博 ]
楽天ブックス
朝香友博 クロスメディア・パブリッシング インプレスBKSCPN_【bookーfestivalーth


楽天市場 by いま仕込んでおくべき10倍株、教えます! [ 朝香友博 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


商品基本情報
発売日: 2017年02月09日頃
著者/編集: 朝香友博
発行元: クロスメディア・パブリッシング
発売元: インプレス
サイズ: 単行本
ページ数: 191p
ISBNコード: 9784295400561

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
初公開!10倍株の新法則。5年で9つの10倍株を的中させたアナリストは企業の何を見ているのか?

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 2017年以降は、こうなる!
トランプ大統領就任で今後も株の上昇は続くのか?
FRB1年ぶりの利上げ!イエレン議長の明るい経済見通し ほか
第2章 いま仕込んでおくべき10倍株10選
10倍株の新法則で発掘した厳選10銘柄
袋とじ 10倍株特選3銘柄 ほか
第3章 今日からできる10倍株の見つけ方
5年で9つの10倍株を的中させたアナリストの4つの視点とは?
10倍株の新法則!5つの特徴と15のチェック・ポイント ほか
第4章 安く買って高く売る10倍株投資のやり方
10倍株売買の基本スタンスとは?
初級編たった1つの「大化け加速サイン」を見逃すな ほか

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
朝香友博(アサカトモヒロ)
産業・成長企業アナリスト/投資家。投資ブロマガランキング1位を獲得したブログ「『大化け株投資』のすすめ」を主宰。見本市を中心に累計2000社の市場開拓支援・投資を行ってきた経験を活かし、次々と成長株を発掘。独自の法則で30倍、20倍を含め10の10倍株をヒットさせた実績を持つ。立教大学法学部卒業後、「未来トレンドの先読み」のために国会議員秘書、上海交通大学留学を経験。その後、産業の未来を創る国際見本市に触れ、米国の産業PR会社に入社。著書に『[テンバガー]10倍株で勝つ』『10年目線で買っていい株買ってはいけない株』『大化け株サイクル投資術』(アールズ出版)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)